日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 尿の色が変わったら、どんな病気のサイン?

Goodayクイズ

尿の色が変わったら、どんな病気のサイン?

クイズで学ぶ「尿と病気の関係」

 日経Gooday編集部

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

「尿の色」に関する問題

【問題】正常な尿の色はわずかに茶色がかった淡い黄色ですが、これとは別の色の尿が出たときは、病気が原因である可能性が考えられます。尿の色と病気の関係について、以下のうち間違っているものはどれでしょう?

  • (1)尿が常に濃い黄色や濃い褐色の場合は、肝臓の病気が疑われる
  • (2)白く濁った尿は、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎などの感染症が疑われる
  • (3)ほんのり茶色がかったピンク色の尿の場合は、膀胱がんなどが疑われる
  • (4)透明な尿が出る場合は、水分をたくさんとりすぎただけなので気にしなくてよい
次ページ
正解と解説

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.