日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 尿の色が変わったら、どんな病気のサイン?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

尿の色が変わったら、どんな病気のサイン?

クイズで学ぶ「尿と病気の関係」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っているもの)は、(4)透明な尿が出る場合は、水分をたくさんとりすぎただけなので気にしなくてよい です。糖尿病や腎臓病などで尿の量が異常に多くなると、尿の色が薄まって無色になることがあります。

出血場所によって異なる血尿の色

尿の色がいつもと違うと、何かの病気の予兆かもしれない(写真:123RF)

 尿の色が変わるといえば、よくあるのが血尿です。血尿とは尿の中に血液(赤血球)が含まれている状態のこと。尿を作る「腎臓」、尿をためる「膀胱」、尿の通り道である「尿管・尿道」のどこかに出血の原因となる病気が潜んでいる可能性があります。

 血尿の色は、尿に含まれる血液の量に応じて薄いピンク色から真っ赤な鮮血までさまざま。また、血尿が膀胱にたまって時間がたった場合は、褐色だったり黒っぽく見えたりすることも。血尿は色の出方によって発生場所を推測することも可能です。例えば、膀胱よりも上の臓器の血尿では尿がいったん蓄積される間に褐色に変化することが多く、逆に明るい色(ピンク色など)の場合は膀胱より下の血尿と考えられます。

血尿の原因となる主な疾患
(原図:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 痛みなど症状の有無も、病気を判断するうえで重要です。河北総合病院(東京都杉並区)臨床教育・研修部長の林松彦さんは「脇腹が痛んで血尿が出た場合には尿路結石症が考えられます。腎臓の中でできた結石が尿管に流れ出たときに粘膜が傷つき、血尿となるからです。また、血尿が出た後に下腹部や尿道付近が痛む場合には、急性膀胱炎や前立腺炎が疑われます」と解説します。 

 注意したいのは、こうした症状がほとんどなく、突然血尿が出た場合。腎臓、膀胱、尿管のがんが疑われるので、「一時的かつわずかな血尿で、自覚症状が全くなくても、すぐに泌尿器科を受診することが大切です」(林さん)

尿の色の変化を見逃さない

 それでは、血尿以外の色の変化ではどのようなものがあるでしょうか。基本となる正常な尿の色は、「わずかに茶色がかった淡い黄色です。これが濃くなると、濃い黄色や茶褐色となりますが、これは汗をかいたとき、水分不足が続いたとき、高熱が出たときなどに、尿が濃縮されて起こる状態です」と林さん。

 逆に、色のほとんどない透明な尿が出る場合もあります。水分をたくさんとりすぎたときなどに起こりますが、それ以外でも糖尿病や腎臓病などで尿の量が異常に多くなると、色が薄まって無色になります。無色透明の尿が何日も続くようなら、一度内科などで相談しましょう。

 水分不足などの原因がないのに、尿が常に濃い黄色や濃い褐色をしている場合は、肝臓の病気が疑われます。肝臓に障害が起こると、黄疸の原因となるビリルビンという胆汁色素が血液中にたくさん流れ出し、それが尿からも排泄されるようになるからです。こうした肝臓疾患による尿の色の変化は、かなり症状が進んだ場合に起こります。

 白く濁った尿は、尿道炎、膀胱炎、腎盂(じんう)腎炎などの感染症が疑われます。白くなるのは尿に白血球や細菌が混じるため。排尿時の痛み、発熱、血尿などの症状にも要注意です。

 朝起きたらまずトイレという人は多いでしょう。朝いちばんの尿にはさまざまな情報が詰まっているので、尿の色の変化を確認し、病気のサインを早めにキャッチしましょう。

この記事は、【尿の色が変わった】血尿は膀胱がんのサイン!?(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.