日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 自分の「血管年齢」はどうすれば分かる?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

自分の「血管年齢」はどうすれば分かる?

クイズで学ぶ「動脈硬化」

 日経Gooday編集部

自分の血管年齢はどうやって調べる?

 正解は、(3)病院で専用の測定機器で測るです。

血管年齢の調べ方は? (c)Iliescu Catalin-123RF

 「人間は血管から老いる」などと言われるように、血管を若く保つことは健康寿命を延ばす上でとても大切です。

 そもそも高血圧や脂質異常症などの生活習慣病がなぜ問題になるかといえば、動脈硬化を進めるためです。動脈硬化は文字通り、血管が硬くなり柔軟性がなくなっていくことを指します。動脈硬化が進行すると、脳卒中や心筋梗塞で命を落とすリスクが高くなります。

 会社などで受ける健康診断でも、血圧やコレステロール値は調べますが、ズバリ動脈の硬さは教えてくれません。自分で動脈硬化の状態を知ることはできないのでしょうか。

 循環器系のエキスパートとしてテレビ出演も多く、「血管先生」の異名も持つ池谷医院(東京都あきる野市)院長の池谷敏郎先生は、「残念ながら、脈拍を調べるのとは違って『動脈の硬さ』は外から手で触ってみても分かりません。専用の測定機器で測るしかない」と話します。「一般に年を取るほど血管は硬くなっていきます。血管が何歳相当の硬さかを示すものが血管年齢です」(池谷さん)

 血管年齢の測定方法は具体的に2種類の方法があります。1つは「加速度脈波検査」。これは人差し指を機械(センサー)に入れて、指先の脈波の形を数値化して血管年齢を推定します。もう一つは「PWV(Pulse Wave Velocity=脈波伝播速度)検査」です。左右の上腕、足首で血圧と脈波を測り、動脈内を脈がどのくらいのスピードで伝わったのかを計測し、その速さから血管年齢を推定します。

 「全身の血管はつながっています。血管を桜の木に例えると、枝の先に咲いた花の部分を見るのが加速度脈波検査で、幹の部分を調べるのがPWV検査。幹と花、両方を調べるのがベストです」(池谷さん)

どこに行けば、血管年齢を調べられる?

 最近では、血管年齢という言葉も広く知られるようになってきました。しかし、通常の健診では血管年齢までは調べてくれません。前出の加速度脈波検査やPWV検査はどこで受けられるのでしょうか。

 池谷さんは、「自宅で加速度脈波を調べる機械も売られていますが、指先などの末梢は自律神経の影響を強く受けます。寝不足やストレスで大きく変わります。もちろん、それなりに意義はあると思いますが、やはり医療機関できちんと調べたほうがいいです」と話します。

 「血管や動脈硬化を専門にした循環器系の病院・クリニックであれば、加速度脈波検査かPWV検査の少なくともどちらかは受けられます。特に糖尿病や高血圧などの生活習慣病があって動脈硬化が疑われる人は、保険診療で血管年齢の検査ができます」(池谷さん)

 ただし、厳密には血管年齢だけで血管の老化は判断できないとも池谷さんは話します。「動脈硬化が進んでいくと、血管の中にコレステロールという柔らかい雪が積もっていき、それでコブができて、その下(血管)が硬くなっていきます。しかし、柔らかいコブだけがメインの段階では下が硬くならないので、血管の硬さだけを見る血管年齢では老化度合いが分かりません」(池谷さん)

 池谷さんは、「頸動脈エコーという検査で調べれば、柔らかいコブの状態も確認できます」と話します。できれば、頸動脈エコーの検査も受けて、そのコブの状態も合わせて調べるのが理想的です。

この記事は、「『血管年齢を若返らせるにはどうすればいい?』読者の悩みに名医が回答!」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.