日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > はしかの感染力、インフルエンザに比べてどれだけ強い?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

はしかの感染力、インフルエンザに比べてどれだけ強い?

クイズで学ぶ「麻疹の怖さ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)16~21人です。

閉鎖空間では一気に感染が広がる恐れ

予防接種をすれば95%以上の人が麻疹ウイルスに対する免疫(抗体)を獲得できるという。(c)Alexander Raths-123RF

 台湾からの旅行者が感染源となった「はしか(麻疹)」の流行が、沖縄県を中心に急速に広がっています。麻疹は、患者のくしゃみ飛沫などに含まれるウイルスを鼻や口から吸いこんで感染する「飛沫感染」、ウイルスが付着した患者の体や物に触れることで感染する「接触感染」のほか、空気中に漂うウイルスの飛沫核(飛沫の水分が乾燥した微粒子)を吸い込む「空気感染」でも感染します。

 このうち最も感染を広げやすいのは空気感染です。麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、16~21人の人が感染してしまいます。インフルエンザ(2~3人)や風疹(7~9人)と比べても突出した数字で、その感染力の強さがうかがえます(下表)。このため、飛行機内やコンサート会場など閉鎖された空間では、一気に麻疹の感染が広がる恐れがあります。

代表的な感染症の基本再生産数
感 染 症基本再生産数
麻疹(はしか)16~21
ムンプス(おたふくかぜ)11~14
風疹7~9
水痘(水ぼうそう)8~10
ポリオ5~7
天然痘5~7
百日咳16~21
インフルエンザ2~3
基本再生産数(R0):その感染症に免疫を持たない集団において、1人の感染者が感染させる平均人数
(国立感染症研究所 感染症研究センター 平成20年度危機管理研修会 「わが国におけるプレパンデミックワクチンの開発の現状と臨床研究」より)

 麻疹ウイルスは、これまで麻疹にかかったことのない人、麻疹ワクチンを接種していない人など、麻疹に免疫のない人が感染すると、ほぼ100%発症します。

 感染した場合、約10日~12日間の潜伏期間を経て、発熱や咳、鼻水など、風邪のような症状が現れ、2~3日経つと39℃以上の高熱と発疹がみられるようになります。発疹は耳の後ろ、首、額から始まり、全身に広がります。最初は鮮やかな赤い色の平らな皮疹ですが、徐々に膨らみ、他の皮疹と一体化して大きくなっていきます。

 麻疹で問題となるのは合併症です。約3割の麻疹患者が合併症を起こすといわれます。頻度の高い中耳炎クループ症候群(喉が炎症で腫れ気道が狭くなる)をはじめ、さまざまな合併症が知られていますが、特に注意しなければならないのが、肺炎脳炎です。麻疹の死亡率は0.1~0.2%で、亡くなる原因のほとんどが肺炎か脳炎となっています。脳炎を起こすと、20~40%で後遺症を残します。

唯一ともいえる予防策はワクチン

 唯一ともいえる予防策がワクチン接種です。麻疹と風疹の混合ワクチン(MRワクチン)として接種されることが多く、接種すれば95%以上の人が麻疹ウイルスに対する免疫(抗体)を獲得できます。定期接種(1歳児、小学校入学前1年間の小児などが対象)を受けていない人、あるいはこれまでに麻疹に罹っておらず、ワクチン接種の有無が不明な人はワクチンを受けるべきでしょう。免疫があるかどうか分からない場合は、医療機関で抗体検査を受けることができます。分からない状態でワクチンを受けても問題ありません。

 「麻疹かも」と思えるような症状には十分注意し、体調に変化が生じたときは医療機関を受診しましょう。その際、二次感染を防ぐためにも、麻疹の恐れがあることをあらかじめ伝えてから受診することをお勧めします。

この記事は、「たった1人のはしか患者から大流行が起きる理由」(執筆:高橋義彦=医学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.