日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > インフルエンザが再流行? なぜ季節外れに何度もかかってしまうのか  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

インフルエンザが再流行? なぜ季節外れに何度もかかってしまうのか

クイズで学ぶ「インフルエンザ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)同じA型のインフルエンザウイルスでも2種類あるからです。

 今シーズン(2018-2019年)はA型インフルエンザに2回かかったという人が散見されます。昨シーズン(2017~2018年)はA型とB型にかかる人が多かったことが話題になりました。昨シーズンのように、違う型のインフルエンザにかかるのは分かるのですが、同じ型のインフルエンザに2回かかってしまうのはなぜでしょうか。

 がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんによると、それは「同じA型のインフルエンザウイルスでも2種類あるから」です。

今シーズンは2種類のA型が同時期に増えた

 今村さんによると、一般の医療機関で行われているインフルエンザの迅速検査では、「A型」か「B型」かしか分かりませんが、実は同じ型でもウイルスによって種類が異なります。今シーズンは2018年末までは「AH1pdm09(2009年に新型インフルエンザとして流行した型)」が流行の中心でしたが、2019年に入ってからは「AH3(いわゆる香港型)」が増えました。そのため、「AH1pdm09」と「AH3」の両方にかかるケースもあり得るのです。

 ちなみに、近年は「AH1pdm09」と「AH3」が交互に流行する傾向にあります。2012~2013年のシーズンは「AH3」、2013~2014年は「AH1pdm09」、2014~2015年は「AH3」、2015~2016年は「AH1pdm09」、2016~2017年は「AH3」が流行の中心で、追ってB型が春先まで増えるというのが典型的なパターンでした。ですから、1シーズンにA型に2回かかる人はまれで、A型とB型にかかる人はいたのです。

 しかし、昨シーズンはそれまでの数年と違ったパターンで、シーズン当初からB型が流行し始め、ほぼ同時期に「AH1pdm09」、次いで「AH3」が増えました。このため、昨シーズンは同時期にA型とB型にかかる人が多く、そこに話題が集中しました。ですが、昨シーズンも今シーズンと同様に、「AH1pdm09」と「AH3」の両方のA型が出ていたので、実は1シーズンに3回かかる可能性がありました。

今後B型が増えれば3回目の可能性も?

 今シーズンはこれまでのところ主に「AH1pdm09」と「AH3」が出ているので、A型に2回かかるケースが注目されていますが、「今後B型が増えてきた場合には、すでにA型に1回もしくは2回かかった人でも、2回目、3回目にかかる可能性があります。また、今はまだかかっていない人も、これからかかるリスクはあります」(今村さん)

 実際、3月下旬からB型の占める割合が大きくなり始め、それまでの1~2%から、第13週(3月25日~31日)には5%、第14週(4月1日~7日)には8%、第15週(4月8日~14日)には16%と徐々に上がってきています。

東南アジアなどでは年間を通じてインフルエンザが発生しており、海外から来日する人が増えれば、夏でも日本でインフルエンザが発生する可能性はある。写真はイメージ=(c)Piyapong Thongcharoen-123RF

 インフルエンザ流行の拡大期には、誰もが「いつかかってもおかしくない」と警戒し、「流行のピークを過ぎた」と聞いた途端に「もう大丈夫」と安心します。しかし、実はピークを過ぎたからといって急に患者がいなくなるわけではありません。流行の縮小期にインフルエンザにかかる可能性は、流行の拡大期と同程度にあります。そして、春であろうと、夏であろうと、ひとたび身近に感染者が出た場合は、感染が広がるリスクはいつだってあります。

 流行のピークを過ぎたからといって気を緩めずに、手洗いなどを徹底するとともに、必要に応じて国立感染症研究所のホームページなどで情報を確認しましょう。

この記事は、「インフルエンザ、流行ピーク過ぎても注意! なぜ2回かかる?」(執筆:田村知子=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.