日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > インフルエンザが再流行? なぜ季節外れに何度もかかってしまうのか  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

インフルエンザが再流行? なぜ季節外れに何度もかかってしまうのか

クイズで学ぶ「インフルエンザ」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)同じA型のインフルエンザウイルスでも2種類あるからです。

 今シーズン(2018-2019年)はA型インフルエンザに2回かかったという人が散見されます。昨シーズン(2017~2018年)はA型とB型にかかる人が多かったことが話題になりました。昨シーズンのように、違う型のインフルエンザにかかるのは分かるのですが、同じ型のインフルエンザに2回かかってしまうのはなぜでしょうか。

 がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんによると、それは「同じA型のインフルエンザウイルスでも2種類あるから」です。

今シーズンは2種類のA型が同時期に増えた

 今村さんによると、一般の医療機関で行われているインフルエンザの迅速検査では、「A型」か「B型」かしか分かりませんが、実は同じ型でもウイルスによって種類が異なります。今シーズンは2018年末までは「AH1pdm09(2009年に新型インフルエンザとして流行した型)」が流行の中心でしたが、2019年に入ってからは「AH3(いわゆる香港型)」が増えました。そのため、「AH1pdm09」と「AH3」の両方にかかるケースもあり得るのです。

 ちなみに、近年は「AH1pdm09」と「AH3」が交互に流行する傾向にあります。2012~2013年のシーズンは「AH3」、2013~2014年は「AH1pdm09」、2014~2015年は「AH3」、2015~2016年は「AH1pdm09」、2016~2017年は「AH3」が流行の中心で、追ってB型が春先まで増えるというのが典型的なパターンでした。ですから、1シーズンにA型に2回かかる人はまれで、A型とB型にかかる人はいたのです。

 しかし、昨シーズンはそれまでの数年と違ったパターンで、シーズン当初からB型が流行し始め、ほぼ同時期に「AH1pdm09」、次いで「AH3」が増えました。このため、昨シーズンは同時期にA型とB型にかかる人が多く、そこに話題が集中しました。ですが、昨シーズンも今シーズンと同様に、「AH1pdm09」と「AH3」の両方のA型が出ていたので、実は1シーズンに3回かかる可能性がありました。

今後B型が増えれば3回目の可能性も?

 今シーズンはこれまでのところ主に「AH1pdm09」と「AH3」が出ているので、A型に2回かかるケースが注目されていますが、「今後B型が増えてきた場合には、すでにA型に1回もしくは2回かかった人でも、2回目、3回目にかかる可能性があります。また、今はまだかかっていない人も、これからかかるリスクはあります」(今村さん)

 実際、3月下旬からB型の占める割合が大きくなり始め、それまでの1~2%から、第13週(3月25日~31日)には5%、第14週(4月1日~7日)には8%、第15週(4月8日~14日)には16%と徐々に上がってきています。

東南アジアなどでは年間を通じてインフルエンザが発生しており、海外から来日する人が増えれば、夏でも日本でインフルエンザが発生する可能性はある。写真はイメージ=(c)Piyapong Thongcharoen-123RF

 インフルエンザ流行の拡大期には、誰もが「いつかかってもおかしくない」と警戒し、「流行のピークを過ぎた」と聞いた途端に「もう大丈夫」と安心します。しかし、実はピークを過ぎたからといって急に患者がいなくなるわけではありません。流行の縮小期にインフルエンザにかかる可能性は、流行の拡大期と同程度にあります。そして、春であろうと、夏であろうと、ひとたび身近に感染者が出た場合は、感染が広がるリスクはいつだってあります。

 流行のピークを過ぎたからといって気を緩めずに、手洗いなどを徹底するとともに、必要に応じて国立感染症研究所のホームページなどで情報を確認しましょう。

この記事は、「インフルエンザ、流行ピーク過ぎても注意! なぜ2回かかる?」(執筆:田村知子=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.