日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「股関節」にかかる負荷はどのくらい?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「股関節」にかかる負荷はどのくらい?

クイズで学ぶ「股関節」

 日経Gooday編集部

歩行時には股関節に体重の3~4.5倍もの負荷がかかる

 正解は、(4)体重の3~4.5倍です。

 股関節は、太ももの付け根にある関節で、上半身と下半身をつなぐ、体の中で最も大きな関節です。

 骨盤の両側にある臼状のくぼみに、大腿骨の球状の先端がはまりこむ構造になっていて、前後や左右、回旋をするように動きます。それぞれの先端部をカバーしている軟骨が、潤滑油の役割を担っています(下図)。

股関節は“すり鉢状”の構造をしている。大腿骨頭(脚の骨の先端)が、すり鉢状の寛骨臼の中で回旋するように動ける構造になっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 胴体と両脚をつなぐジョイント部分となっているのが股関節なのです。立ち上がったり座ったりするときの動作の要となり、上体をまっすぐ立てるときの支点にもなっています。

 年間600例以上の人工股関節手術(置換術)を手がけている股関節のエキスパート石部基実さん(石部基実クリニック院長)は、股関節には我々の想像以上の負荷がかかっているのだと話します。

 「股関節には常に大きな負荷が加わっています。通常の歩行時には、体重の3~4.5倍、ジョギング時には体重の4~5倍、階段の上り下りには体重の6.2~8.7倍という負荷がかかります。例えば、体重70kgの人なら、歩くだけで股関節にかかる負荷は210~315kgにもなるのです」(石部さん)

 「股関節にかかる負荷の大きさは、ひざや腰の関節にかかる負荷よりも大きく、股関節はそれだけ、ダメージを受けやすい関節といえます」(石部さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.