日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 一人で悩む人も多い「便失禁」 改善方法は?  > 2ページ目

Goodayクイズ

一人で悩む人も多い「便失禁」 改善方法は?

クイズで学ぶ「便失禁」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っているもの)は、(4)残念ながら、薬や治療法はない です。

「便失禁」には大きく2つのタイプがある

 肛門回りの疾患や排便障害に詳しいJCHO東京山手メディカルセンター(東京都新宿区)大腸肛門病センター長の山名哲郎さんは、便失禁には大きく2つのタイプがあると説明します。1つは我慢しきれずに漏れてしまう「切迫性」、もう1つは気づかないうちに漏れている「漏出性」です。

 「肛門の括約筋は二重構造になっていて、内側の括約筋は無意識に締めている筋肉。これが衰えると漏出性便失禁になります。一方、外側の括約筋は意識的に締めることができる筋肉で、これが弱くなると便意を我慢できなくなって切迫性便失禁を起こしやすくなります」(山名さん)

[画像のクリックで拡大表示]

 女性の場合、出産で会陰部に裂傷を起こして肛門の括約筋を傷めることがあり、年を取ってから便失禁をしやすくなることもあります。括約筋が断裂している場合はそれを修復する「括約筋形成術」という手術を行います。出産経験がなくても、女性はもともと括約筋の力が男性より弱いので、高齢になると便失禁を起こしやすくなります。

便を漏れにくい形状に維持することが大切

 便失禁を防ぐには、便の形状(硬さ)が大切です。ひどい下痢をしているときは括約筋が弱くなくても漏れてしまうことがありますし、逆にしっかりした便が規則正しく出る人は、括約筋が弱くなっていても漏れにくい。「まずは便通を規則的にして、便を漏れにくい形状(硬さ)に維持することが大切です。そのためには、食事にも気をつけなければいけません。脂っこいものや乳製品などお腹がゆるくなる食べ物に注意し、水分を取り過ぎないようにします」(山名さん)

 また、外側の括約筋は意識して締められるので、肛門の括約筋を意識的に締める「骨盤底筋体操」で括約筋を鍛えることで、うまく締められるようになる人もいます。「漏出性は意識して締められない内側の括約筋の問題なので体操では改善されませんが、切迫性なら骨盤底筋体操を行うことはいいと思います」(山名さん)

骨盤底筋体操
[画像のクリックで拡大表示]
姿勢は立っていても座っていても、仰向けに寝ていてもOK。(1)肛門を5秒間締める(2)10回続けて1セット(3)これを毎日5セット行う。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.