日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 体を柔らかくするだけじゃない! 知られざる「ストレッチ」の効用  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

体を柔らかくするだけじゃない! 知られざる「ストレッチ」の効用

クイズで学ぶ「ストレッチ」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っているもの)は、(2)筋力を強化する(4)心肺機能を高める です。

ストレッチの効用は「体を柔らかくする」ことだけではない

 運動は大きく、レジスタンス運動、有酸素運動、ストレッチの3つに分けられます。レジスタンス運動は、筋トレに代表されるような、筋肉に比較的大きな負荷を繰り返しかける運動で、筋肉量を増やし、筋力を強化し、基礎代謝を高める作用があります。有酸素運動は、ジョギングやウォーキングなど、比較的軽い負荷で酸素を取り込みながら長時間行う運動で、体脂肪を燃やして心肺機能を高め、血管を柔らかくするなどの作用があります。

 一方、筋肉や関節を伸ばす運動であるストレッチには、筋肉を柔らかくし、関節の動きを滑らかにして可動域を広げる効果があります。「柔軟性は、筋力や持久力と同じく、体力を構成する重要な要素の1つです。体が硬くなるということは、つまり、筋肉が硬くなって関節の可動域が狭くなるということを意味します。そうなると、体の動きに左右差が生じてひざや腰を痛めたり、姿勢のゆがみが内臓に負担をかけたり、血行が悪くなって肩こりや腰痛が起こる、といったさまざまな不調が起きてきます」。パーソナルトレーナーでCALADA LAB.(カラダラボ)代表の比嘉一雄さんは、そう話します。

 ストレッチによって筋肉を柔らかくし、関節の可動域を広げれば、ひざや肩、腰の痛みやケガ、コリを予防することができます。しかし、ストレッチの効果はそれだけではありません。「運動すると筋肉に糖が取り込まれて血糖値が下がるのですが、ストレッチにも同じ効果があることが分かってきたのです」と比嘉さんは話します。

 インドで行われたある研究(*1)では、40~65歳の糖尿病患者51人を2群に分け、一方には筋トレ(レジスタンス運動)を60分、もう一方にはストレッチを60分してもらいました。その前後で血糖値を調べてみると、ストレッチを行った群も、筋トレ群と同じくらいのレベルで血糖値が下がっていました(図1)。

図1 ストレッチの前後の血糖値の変化
図1 ストレッチの前後の血糖値の変化
ストレッチを行った群でも、レジスタンス運動(筋トレ)と同じレベルでの血糖値の低下が認められた。(J Exerc Rehabil. 2017;13(5):581-7.)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレッチで体が柔らかくなれば、動脈硬化が改善する効果も期待できます。立命館大学スポーツ健康科学部の家光素行教授らが、全身の動脈硬化の進行度合いを示すPWV(Pulse Wave Velocity=脈波伝播速度)を指標に用いて行った研究では、10種目のストレッチを40分間行うと、15分後と30分後の時点で、一時的にPWVの改善が見られました(*2)。さらに、5種目のストレッチを1回10分間、1日2回の頻度で続けてもらったところ、4週間後のPWVはストレッチ前に比べて低下しており、動脈硬化の改善が見られたそうです。

 ストレッチは、有酸素運動や筋トレに比べると運動強度は低いものの、「それでも、歩くのと同じくらいの運動強度はあります」と比嘉さんは話します。運動習慣がない人にとって、本格的な運動を始めるのはハードルが高いものですが、その点、ストレッチは自宅で手軽にできるうえに、筋トレやジョギングほどきつくもありません。体の動きが良くなり、血行も改善し、肩こりや腰痛の改善、血糖値上昇や動脈硬化の予防にもつながるストレッチを、毎日の習慣に取り入れてはいかがでしょうか。

*1 J Exerc Rehabil. 2017;13(5):581-7.
*2 Am J Phys Med Rehabil. 2016;95(10):764-70.
この記事は、 体が硬い人は血管も硬い!「自重ストレッチ」で血管若返り、腰痛・肩こり予防(伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

ストレッチ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.