日経グッデイ

Goodayクイズ

酔っ払いの突飛な行動、脳との関係は?

クイズで学ぶ「飲酒の影響」

 日経Gooday編集部

日経Gooday読者のみなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? Goodayクイズでは、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。出題範囲は日経Goodayに掲載した記事です。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では早速、今週のGoodayクイズを始めましょう。

「飲酒の影響」に関する問題

【問題】花見や歓送迎会など、お酒を楽しむ機会が増える季節になりました。酒を飲むと、「千鳥足」「覚えていない」「理性を失う」などといった“しらふとは違う行動”が現れるようになるのは、アルコールが脳に影響を与えているからです。酩酊期とも呼ばれる状態で、これらの行動を起こす原因となる脳の部分について、正しい組み合わせは次のうちどれでしょう。

  • (1)前頭葉・海馬・小脳
  • (2)前頭葉・海馬・大脳
  • (3)延髄・海馬・小脳

 正解は、(1)前頭葉・海馬・小脳 です。

 「脳には、脳にとって有害な物質をブロックする『血液脳関門』があります。いわば脳のバリア機能を果たす器官で、分子量500以下のものや、脂溶性の物質に限って通過することができます。この2つの条件を満たすアルコール(エタノールの分子量は46.07)は、脳関門をやすやすと通過し、脳全体の機能を一時的に“麻痺(まひ)”させるため、さまざまな行動を引き起こすのです」と話すのは、自然科学研究機構生理学研究所の教授で、医学博士の柿木隆介先生。

 柿木先生によると「アルコールによる影響が出やすいのは前頭葉、小脳、海馬の3つ前頭葉は人間の思考や理性の制御、小脳は運動機能の調節、海馬は記憶の保存を司っています。しらふでは到底考えもつかない、酔っ払いならではの奇行は、これらの部位の機能低下によって引き起こされる」といいます。

アルコールは脳全体の機能を麻痺(機能低下)させます。中でも前頭葉、小脳、海馬の影響が最も表れやすいといわれています。
[画像のクリックで拡大表示]

 「正常時、脳は“理性のガードマン”とも言える前頭葉によって、理性的な行動が保たれています。しかし一旦アルコールが入ると、前頭葉は徐々にガードマン的な役割から解き放たれ、結果的にコントロール機能が低下します。ほろ酔いになってくると、例えば、悪口や秘密、自慢話を言いたがる人がいるでしょう? 初期段階では『ドーパミンやアドレナリンなどの脳内ホルモンによる興奮作用がそうさせる』という説もありますが、普段なら絶対に言わないことをしゃべり始めるのは、前頭葉が麻痺し始めた典型的な状態なのです」と柿木先生は明かします。

 しかし、悪口や自慢話を言っているうちはまだ軽度。さらに酔いが進むと、ますます挙動にも影響を及ぼしてくるようになります。こうしたことに関与しているのが小脳なのです。

 小脳は平衡感覚、精緻な運動や行動(細かい動き)、知覚情報などを司る部位。「アルコールによって小脳の機能が低下してくると、運動のスムーズさや正確さが保てなくなる。そのため、 千鳥足になる、呂律(ろれつ)がまわらなくなる、スマホを操作するなど指先を使った細かい動作ができなくなるといった、一見して誰もが“酔っ払い”と認識できる状態になります」(柿木先生)。

 

海馬は短期記憶を残し、それを長期記憶に変えるという2つの役割があります。短期記憶とは、新たなことを一時的に記憶するだけで、覚えていられる時間はごくわずか。例えて言うなら、パソコンにキーボードでデータを入力して、それをセーブせずに電源を切ってしまうようなもの。酔っ払いが何度も同じ話をしたり、きちんと精算を済ませたかを覚えていないのは、『1度話をした』という記憶をセーブしていないからです」(柿木先生)。

 

 さらに詳しい解説はこちら。

◆左党の一分
どうして酔っ払いは同じ話を繰り返すのか?

関連記事