日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 大腸の粘膜に炎症が起きる難病、「潰瘍性大腸炎」の特徴は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

大腸の粘膜に炎症が起きる難病、「潰瘍性大腸炎」の特徴は?

クイズで学ぶ「潰瘍性大腸炎」

 日経Gooday編集部

 正解(潰瘍性大腸炎の特徴として間違っているの)は、(2)発症年齢のピークは、男女とも40代以降である です。

大腸がんのリスクを高める難病が急増

 潰瘍性大腸炎は、大腸の最も内側にある粘膜に炎症が起き、びらん(粘膜の一部が失われること)や潰瘍を起こす病気で国の指定難病になっています。

 患者数は2014年の調査で約17万人(指定難病における医療受給者証および登録者証交付件数の合計)。この10年間で倍増しました。また、安倍晋三元首相やモデルの高橋メアリージュンさんなど、潰瘍性大腸炎の闘病中であることを公表している有名人もいます。

 昭和大学横浜市北部病院・消化器センター長の工藤進英さんは「これは米国に次いで多い数字です。その背景には、日本人の食生活の欧米化と、確定診断に必要な大腸内視鏡検査が普及し発見数が増えたことが挙げられます。逆にいえば、現在でも診断のついていない潜在的な患者数はもっと多い可能性があります」と指摘します。

 注目すべきことに、潰瘍性大腸炎を発症すると粘膜の遺伝子に変異が起こりやすくなり、7〜8年で大腸がんの発生率が高くなることが分かってきました。

 潰瘍性大腸炎の発症年齢のピークは、下図のように男性で20〜24歳、女性で25〜29歳です。「この年齢では、大腸がん発見のために大腸内視鏡検査を受ける機会は少ない。ただ、便に血が混ざるなど、気になる症状があれば、潰瘍性大腸炎の治療を早期に開始するためにも、早めに消化器の専門医療機関を受診してほしいですね」と工藤さんは強調します。

潰瘍性大腸炎の推定発症年齢
潰瘍性大腸炎の推定発症年齢
出所:「難病情報センター」ホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 潰瘍性大腸炎を発症したときの最も特徴的な症状には、「軟便や下痢」「頻繁な便意」「腹痛」とともに「血便」があります。昭和大学横浜市北部病院・消化器センター助教の前田康晴さんは、「血便といっても痔のときのようなサラサラした鮮血ではありません。炎症部位で粘液の分泌が増えるので、白い粘液のなかにドロっとした血の混ざった『粘血便』となります」と解説します。

症状は寛解期と再燃を繰り返す

 潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症が広がり強い症状が表れる「活動期」と、炎症が治り症状が改善する「寛解期」を繰り返すという特徴があります。根治治療がない現在では、薬物により炎症を抑え、できるだけ「寛解期」を延ばすことが治療の目標です。

潰瘍性大腸炎の活動期と寛解期
潰瘍性大腸炎の活動期と寛解期

 軽症の場合、主に使われるのが「5−アミノサリチル酸製剤」(成分名:メサラジン、サラゾスルファピリジン)と呼ばれる種類の薬で、内服することにより、成分が腸の内側から働き、炎症を抑える働きがあります。全身の副作用が少なく長期にわたって飲み続けることができる薬で、「寛解期」になってもずっと飲み続けることが重要です。

 中等症以上の「活動期」で、5−アミノサリチル酸製剤では炎症を抑えきれないときに使われるのが、ステロイド薬(成分名:プレドニゾロンほか)などです。また、近年、新たな治療薬として、生物学的製剤である抗TNF-α抗体製剤(成分名:インフリキシマブ、アダリムマブ、ゴリムマブ)や、ベドリズマブ(抗α4β7インテグリンモノクローナル抗体)なども登場しました。

 「潰瘍性大腸炎は治療の選択肢が増え、適切な治療を続ければ、生涯、病気をコントロールできることが多くなりました。そのためには、早期発見・早期治療と、治療の継続が重要です。症状が無くなったからといって治療を勝手にやめると、寛解期が短くなるばかりか、軽症だった患者が中等症、重症へと進んでしまうケースがあるので注意しましょう」(前田さん)

(図版:増田真一)

この記事は、 「下痢が多い」「便に血が…」働き盛りを襲う潰瘍性大腸炎が急増中!(荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.