日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「高齢者てんかん」と「認知症」を見分けるポイントは?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

「高齢者てんかん」と「認知症」を見分けるポイントは?

クイズで学ぶ「高齢者てんかん」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)発作中に呼びかけても反応がない、です。

特定の原因がなく、加齢から起こる「てんかん」は認知症に似ている

 てんかんは、子どもが突然けいれんを起こし、泡を吹いて倒れるような病気というイメージがありますが、実は65歳以上でも多く見られます。高齢者てんかんの多くは、脳卒中などの脳血管障害や頭部の外傷、脳腫瘍といった明確な原因(器質的病変)があり、その場合は、突然のけいれんで倒れるのが特徴です。ところが、特定の原因がなく、加齢によって起こると思われるてんかんも少なくありません。その割合については諸説あり、高齢者のてんかんの約半数は脳の器質的病変がないとする報告もあります(*1)。

 「加齢からくるてんかんは、年をとれば自然発生的に誰でもなる可能性があります。このタイプのてんかんはけいれんを伴わないので、発作に気づきにくいのが問題です」。東京女子医科大学東医療センター脳神経外科てんかん外来担当(講師)の久保田有一氏はそう話します。

 加齢によって起こるてんかんは、どんな症状が主なのでしょうか。久保田氏によると、「けいれんで倒れない代わりに、ボーッとする、話しかけても反応がない、目の焦点が合わない、貧乏ゆすりのような動きをする、突然怒りっぽくなる、といった症状が現れます。その間、本人に意識はありません」。

図1 加齢によって起こる高齢者てんかんの特徴
図1 加齢によって起こる高齢者てんかんの特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 てんかん発作が続く時間は、数十秒から1~2分程度。「発作の後は、数十分から数時間かけて意識が回復していきます。回復すると支障なく日常生活を送ることができ、しかも本人は発作を覚えていないので、自覚がなく、周りも『認知症かも』と思ったりします」(久保田氏)。

見分けるポイントは「発作中に呼びかけて反応があるかどうか」

 久保田氏によると、認知症と高齢者てんかんを見分ける一番のポイントは、「発作中に呼びかけて反応があるかどうか」です。「認知症の場合は反応がありますが、てんかんの発作中は、話しかけても反応がなく、目も合いません。発作時に、手元や口元、足先などがわずかに動く『自動症』が見られることもあります。また、発作中は大ケガをしても痛みを感じません。記憶にないアザやケガも、てんかんのサインである可能性があります」と久保田氏は解説します。

 てんかんと診断されれば、脳神経の興奮を抑える抗てんかん薬によって、多くの患者さんは発作を抑えることができます。発作中の思わぬケガや事故を避けるためにも、周りの人間が早めに気付いて、専門医の受診につなげることが大切です。

*1 Werhahn KJ. Dtsch Arztebl Int. 2009; 106(9):135-142.
この記事は、静かに発作を起こす「高齢者てんかん」、認知症との見分け方は?(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.