日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 1日に摂っていいカフェインの量はどのくらい?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

1日に摂っていいカフェインの量はどのくらい?

クイズで学ぶ「カフェイン」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)400mg/日(マグカップに入れたコーヒー3杯分) です。

(©Alexander Dubovitskiy-123rf)

 エナジードリンクは、米国では1980年代後半に登場しました。2006年には約200もの新ブランドが市場に投入され、年間50億ドルもの収益をもたらすようになりました。エナジードリンクは米国の大手飲料市場の売り上げの約49%を占めるといいます。

 医学博士の大西睦子さんによると、同じブランド・商品銘柄のエナジードリンクでも、国によって成分に違いがあるそうです。ただ、調査によれば、ほとんどのエナジードリンクにカフェイン、ガラナ、タウリン、朝鮮人参、糖類、ビタミンB群などの成分が、基本的には同じように含まれているのだとか。

 その中の1つ、カフェインは脳神経系に作用します。

 適度な量のカフェイン摂取は、エネルギーの増加、身体能力の向上、疲労減少、瞬発性の向上、認知機能の強化、集中力と短期記憶の向上につながるという研究報告があるといいます。

 「一方で、カフェインの摂取とその減量や中止による、さまざまな健康への影響が懸念されています」と大西さん。神経過敏、不安、精神錯乱、手足の震え、骨粗しょう症、消化器系の問題、吐き気、不眠、眠気、頻尿、頭痛、動悸、不整脈、および高血圧などの症状が表れたり、学齢期の子どもたちの場合、1日当たり120mgから145mgのカフェインを2週間摂取すると、禁断症状が表れることも報告されています。

 日本でも2011年に、食品安全委員会(内閣府)が海外のリスク管理機関等の状況をまとめ、悪影響のない最大カフェイン摂取量を、以下のように設定しています。 資料は上記の下線部をクリックしてください。

食品安全委員会が公表したカフェインのファクトシートより。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに詳しい解説はこちら。

◆医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ
エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.