糖尿病対策の運動には積み重ねの効果がある

食後に20分間のウォーキングを行うことで、食事で上がった血糖値を下げることができる(急性効果)。それを毎日続けると、積み重ねの効果として、普段や食後の血糖値を抑えられるようになる(慢性効果)。慶應大学・田畑尚吾氏の資料より作成

記事に戻る