日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 足裏が痛む「足底筋膜炎」になりやすいのはどんな人?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

足裏が痛む「足底筋膜炎」になりやすいのはどんな人?

クイズで学ぶ「足底筋膜炎」

 日経Gooday編集部

 正解は、(5)やせている人 です(太っている人の方がなりやすい)。

足底筋膜炎は、運動不足でも運動しすぎでもなりやすい

 朝起きて最初の一歩を踏み出したとき、あるいは運動したとき、足の裏に激痛が走る「足底筋膜炎足底腱膜炎)」は、足のかかとから指の付け根にかけて広がる筋肉を覆う足底筋膜(足底腱膜)が炎症・断裂を起こす病気です。

図1 足底筋膜(足底腱膜)とは
原図(c)creativejenn-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 足底筋膜炎の原因の1つが、体の重心が本来の位置からずれ、背骨の自然なS字カーブが崩れた「悪い姿勢」です。パソコンやスマートフォンに向かう時間が長くなり、前かがみ姿勢が常態化すると、腰や肩だけでなく、足の裏にまで影響が及んでしまいます。

 「S字カーブが保たれていると、足の『親指・小指・かかと』の3点が体を支え、足の裏の重心は正しい位置を保つことができます。土踏まずのアーチ構造がクッションとなり、体全体の荷重が吸収・分散されるのです。しかし、前かがみの姿勢では重心がつま先側にずれ、足の裏の接地面積が広がって扁平足になります。アーチ構造がつぶれて足底筋膜にかかる負担が増すので、痛みが出てきます」。清水整形外科クリニック院長の清水伸一氏はそう話します。

 運動不足も足底筋膜炎の原因になります。運動不足の人は足をあまり使っていないため、急に運動するとアーチ構造が崩れて扁平足となり、衝撃がダイレクトにかかって足底筋膜を痛めてしまうのです。一方で、運動のしすぎから発症することもあります。特に多いのが、サッカーなど急に切り返す動作を伴うスポーツをする選手やマラソン選手です。こうしたスポーツでは足底筋膜に過度な負担がかかり、炎症を起こしやすくなります。

 このほか、足場の悪い場所で作業する建設業の人や、立ち仕事の多い接客業の人も足底筋膜炎を起こしやすいことが知られています。足の形に合わない、先がとがった革靴やパンプスを履く人や、体重オーバーで足に負担がかかる肥満傾向の人も要注意です。

 土踏まずのアーチ構造が崩れると、足の裏の筋膜はわずかな衝撃でも炎症・断裂を起こしやすくなります。整形外科では、湿布やインソール(中敷き)、体外衝撃波治療(*1)などによって治療を行いますが、治癒を早め、再発を防ぐには、悪い姿勢を治してセルフケアに励むことが欠かせません。

 清水氏は、自宅でできるセルフケアとして、片膝を立てて床に座り、足の指をつかんで手前に(すね側に)ゆっくり引っぱる「足指引っぱり」や、足の指先からかかとまでを両手の親指でほぐす「足裏ほぐし」、床に置いたゴルフボールを足裏に軽く押し込むように転がす「コロコロ運動」など、さまざまな方法を患者に指導しています。

*1 体外衝撃波治療は、体外で発生させた衝撃波(圧力波の一種)を患部に照射して痛みを取る方法。理学療法や薬物療法などを受けても症状が改善しない難治性の足底腱膜炎に対して保険が適用されている。
この記事は、 足の裏に激痛が走る「足底筋膜炎」、早く治す体操はコレ!(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.