日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 日本人の体内時計のサイクルは1日何時間?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

日本人の体内時計のサイクルは1日何時間?

クイズで学ぶ「睡眠と体内時計」

 日経Gooday編集部

体内時計が睡眠サイクルを決めている! 日本人は約24時間10分

 正解は、(3)24時間10分です。

 私たちの体は、夜が更けてくると眠気を感じて、やがて眠りにつきます。この一連の睡眠のサイクルは「体内時計」によって支配されています。夜になってメラトニンが分泌されて眠くなったり、朝になり副腎皮質ホルモンが分泌されて目が覚めるのも、体内時計の作用によるものです。

夜に眠くなるのも、朝に目が覚めるのも、体内時計の作用によるもの。体内時計を調整するカギとなるのが「光」です。(c)dolgachov-123RF
夜に眠くなるのも、朝に目が覚めるのも、体内時計の作用によるもの。体内時計を調整するカギとなるのが「光」です。(c)dolgachov-123RF

 人間の体内時計は「24時間よりも少し長い」という話は広く知られています。かつて25時間程度と思われていたこともありましたが、最新の研究からそこまで長くないことが分かってきました。

 睡眠研究のエキスパート・秋田大学大学院 医学系研究科 精神科学講座教授の三島和夫さんは、「日本人の場合、体内時計は平均24時間10分です。注意してほしいのは、これはあくまでも平均値で、それより長い人もいれば短い人もいるということです」と話します。

 三島さんによると、健康人の場合、体内時計が長い人でも24時間30分程度で、これでもすごい夜型になってしまうそうです。体内時計が24時間よりも長いと、次の日に眠くなる時間は徐々に後にずれていきます。このようにして放っておくと夜型にシフトしてしまうわけです。一方で、中には24時間より短い人もいて、この場合は極端な朝型になってしまいます。

 一方、社会は1日24時間で動いています。そのため体内時計のズレが大きい人ほど、社会生活で苦労することになります。いくら体が疲れていても深夜まで眠くならず、連日遅刻を繰り返してしまう人がいますが、それは体内時計が超夜型であることが多いのです。夜型の人に早起きはつらいし、逆に極端に朝型の人に夜勤はきつくなります。三島さんによると、「約3割の人は夜型に分類される」と話します。

 夜型の人は就寝時刻が遅くなりますが、朝は定時に出社しなければならないので睡眠不足になりやすいのです。そして、休日になると睡眠不足解消のため、昼過ぎまで寝坊してしまいがちです。その結果、体内時計がさらに乱れ、ますます早寝早起きが難しくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 体内時計を調整するのは「光」です。強い光には覚醒作用がありますが、「起きたら朝日を浴びるといい」と言われる理由はそれだけではありません。午前中に太陽光(強い光)を見ると体内時計は朝型にシフトするのです。

 私たちは知らず知らずのうちに太陽を利用して、規則正しい生活サイクルを実現していたわけです。体内時計の周期は必要睡眠時間と同じく生まれつき決まっていますが、光をうまく利用することで朝型の生活に適応することは可能です

この記事は、「最新研究が導き出した最高の睡眠とは――睡眠の“常識”は誤解だらけ」(執筆:伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.