日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 久しぶりの運動! ウォーミングアップでのNGは?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

久しぶりの運動! ウォーミングアップでのNGは?

クイズで学ぶ「ウォーミングアップ法」

 日経Gooday編集部

 正解、つまり、久しぶりの運動の前のウォーミングアップとして正しくないのは、(3)前屈 です。

無理に前屈を行うと腰椎に負担がかかり、腰を傷めてしまうことがある。(©ostill-123rf)

 運動不足解消のためのストレッチとして、いきなり開脚や前屈などを行っていませんか。「柔軟性を高めることは大切なことなのですが、運動不足の解消には“静的ストレッチ”より“動的ストレッチ”が重要」と、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん。

 静的ストレッチは、例えば、肩こりの解消のために、片方の腕を胸の前に持ってきて、逆の手でその腕の肘あたりを押すようにするもの。伸びている感覚があるので気持ちいいのですが、肩こりを解消するという意味では残念ながら効果的とはいえないといいます。

 一方、動的ストレッチは、同じく肩こりの例でいうと、肩を回して筋肉を動かし、肩とその周辺の血行を良くすることです。

 「久しぶりの運動で、開脚や前屈より優先してやっていただきたいのが、股関節周りを動かす動的ストレッチです」(中野さん)。股関節の周囲を動かすストレッチは、運動前のウォーミングアップとしても有効といいます。

 関節を回すことで関節腔(かんせつこう)を刺激すると、そこから滑液が出てきます。この滑液が関節の動きを滑らかにしてくれるのですが、加齢とともに滑液が出にくくなるといいます。下半身を動かすことで血液の循環も良くなるので、運動前に股関節を動かすストレッチを中野さんはお薦めしています。

 「体が温まっていない状態での静的なストレッチは基本的にお薦めできないのですが、そのなかでも特にやってほしくないものは、立った状態での前屈です」と中野さん。

 中野さんによると、立った状態で前屈をすると、45度から50度ぐらいの角度までは腰椎が曲がることで体が倒れていくそうです。それ以降は腰椎が曲がらないので、今度は骨盤を傾けることで体が前に倒れているのですが、普段からあまり運動をしていないとこれがうまくできないといいます。

 「運動不足の方は太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスや臀(でん)部の筋肉が硬くなってしまっていることが多いのですが、ハムストリングスや臀筋群が硬いと骨盤がしっかり動いてくれないのです。それを無理に動かそうとすると腰椎に負担がかかり、腰を傷めてしまうことがあります」(中野さん)

 運動前はとにかくウォーミングアップが大切といいます。「静的なストレッチではなく、動的なストレッチや軽いジョギングを行うようにしてください」と中野さんは強調します。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』
久しぶりの運動でアキレス腱伸ばし、前屈はダメ!?

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.