日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 誤嚥性肺炎のリスクが高まる「食後の姿勢」は?  > 2ページ目

Goodayクイズ

誤嚥性肺炎のリスクが高まる「食後の姿勢」は?

クイズで学ぶ「誤嚥性肺炎の予防」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)右側を下にして寝る、です。

食後90分は横にならない、特に「右を下」にしない!

 誤嚥性肺炎を引き起こす「誤嚥」を防ぐためには、食後の過ごし方もポイントになります。

 というのも、食べてすぐ横になると、胃酸が食道に逆流して気道にも入りやすくなるからです。胃酸の逆流は医学的には「胃食道逆流症」といって、いわゆる胸やけを起こします。

 誤嚥性肺炎を含む呼吸器疾患に詳しい池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんは、「逆流を防ぐため、食後90分は横にならないようにしてください」とアドバイスします。頻繁に逆流を起こすと食道に炎症ができる(逆流性食道炎)こともあるので注意しましょう。

 「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015(改訂第2版)」には、タバコ、アルコール、高脂肪食などとともに「右側を下(右向き)にして寝る」(右側臥位)ことが逆流のリスクを高めると書かれています。理由は胃のカーブ。右側を下にして寝ると胃が食道より上になり、重力のせいで逆流を起こしやすくなってしまうのです。

 「胃酸の逆流を防ぐためには、食後90分は横にならないでいただきたいのですが、特に右向きで寝る習慣は危険なのです」(大谷さん)

「右を下」にして寝るのはNG!
「右を下」にして寝るのはNG!
右を下(右向き)に横になると、胃から食道への逆流が起こりやすくなる

 実際、大谷さんが診た、繰り返し誤嚥性肺炎を起こした70代の患者の方は、毎回テレビを見ながら食事をして、さらに食後すぐに横になる習慣があったそうです。テレビを見ながらの食事は、食べること、飲み込むことに集中できず、誤嚥してむせやすくなります。

 「この患者さんには、(1)食事中はテレビを見ない、(2)食後90分は横にならない、もし横になるときは左向きで、(3)1日数回の空嚥下を実行してもらったところ、予防効果が劇的に見られました」(大谷さん)

この記事は、「食後、右向きに寝るのは危険!? 誤嚥を防ぐポイントはこれだ」(伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

肺炎
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.