日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 「睡眠で記憶が定着する」はホント? ウソ?  > 3ページ
印刷

Goodayクイズ

「睡眠で記憶が定着する」はホント? ウソ?

クイズで学ぶ「睡眠と記憶」

 日経Gooday編集部

 睡眠には大脳が活動して夢を見ている状態の“レム睡眠”と、活動せずに休んでいる“ノンレム睡眠”があります。内山さんによると「手続き記憶の定着はノンレム睡眠中に起こっている可能性が高い」そうです。

 「脳の中に技能(手続き記憶)を定着させるため練習を繰り返すと、それに関連した太い神経ネットワークができますが、同時に細い雑多なネットワークもいくつもできてしまう。しかし、後者の細いネットワークは、定着した技能を発揮させるにはノイズのような邪魔な存在になり得る。ノンレム睡眠中には、こうしたノイズが刈り込まれ(消されて)、太いネットワークだけが残ることによって、手続き記憶がしっかり定着するのではないか、と考えられています」(内山さん)

 ゴルフのスイングや楽器演奏など、熟練が必要な動作については、寝る前の練習が上達を早めるために効果的なのかもしれません。

 また、滋賀医科大学精神医学講座准教授の栗山健一さんらの実験から、短期記憶の能力も睡眠によってアップすることが分かっています。

 この検証に使われたのは「Nバック課題」というものです。4つの電球のうち、1つだけを消しておき、次々とパターンが変わる中、前回は何番目が消えていたか、前々回はどうだったか、と何回前まで答えられるかを判定する短期記憶力のテストです。テストは7~10時間のインターバルを取って3回行われ、間に睡眠をはさむと成績が明らかに良くなったそうです(J Neurosci. 2008 Oct 1;28(40):10145-50)。

イヤなことがあった日は眠れなくてもいい

 まとめると、受験勉強のように知識を覚え定着させる陳述記憶との関係はまだはっきりしませんが、技能を習得する手続き記憶や短期記憶の能力は睡眠を取ったほうが上がるようです。一方、イヤなことがあって眠れないときは「忘れるため」と思って、無理に眠ろうとしないほうがいいのだそうです。

 何かイヤなことがあると「さっさと眠って忘れてしまおう」と思うかもしれませんが、そういうときに限っていつまでも眠れず、布団の中で悶々としてしまうことも多いでしょう。しかし、内山さんは「むしろ、そのほうがいいのです」と言います。

 先の栗山さんらの実験では、陰惨な交通事故のビデオを繰り返し見せた後、眠った場合と徹夜した場合の翌日の反応を調べてみたそうです。翌日、自動車を見たときの恐怖感や発汗などのストレス反応は、徹夜した人たちのほうが少ないことが分かりました(Biol Psychiatry. 2010 Dec 1;68(11):991-8)。

 どうやら恐怖の記憶は睡眠によって定着するようなのです。イヤなことがあって眠れなくなるのは、それを忘れるための本能的な防御反応なのかもしれません。

この記事は、「「睡眠で記憶が定着する」はウソ?」(執筆:伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.