日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 子宮頸がんを引き起こすHPV、感染すると必ずがんになる?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

子宮頸がんを引き起こすHPV、感染すると必ずがんになる?

クイズで学ぶ「子宮頸がん」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っている記述)は、(2)HPVに感染しても、約半分は自然に排除される、です(正しくは、「HPVに感染しても、約9割は自然に排除される」)。

HPVに感染すると約9割は自然に排除され、1割が持続的に感染

 子宮頸がんは子宮の入口(頸部)にできるがんで、ヒトパピローマウイルス (以下、HPV)というウイルスへの感染によって起こります。HPVは主に性交渉によって感染し、多くの女性が一度は感染すると言われるほど、ごくありふれたウイルスです。しかし、感染したすべての人ががんになるわけではなく、約9割の人は、免疫の力でウイルスが自然に排除されます。

 残る1割の人は、ウイルスが持続的に感染して「異形成(*1)」と呼ばれる段階になり、そのうちの一部が子宮頸がんへと進行します。「異形成からがんになるまでの期間は年単位で進むほど長く、10年以上そのままということもあります。がんにならないで、異形成の段階から引き返して治る人も多くいます」と、慶應義塾大学病院婦人科診療部長・医学部教授の青木大輔氏は話します。

図1 HPV感染から子宮頸がん発症までの経過
図1 HPV感染から子宮頸がん発症までの経過
[画像のクリックで拡大表示]
*1 ここでは「異形成」という用語を使ったが、現在では「子宮頸部上皮内腫瘍(上皮内がん)」(cervical intraepithelial neoplasia; CIN)と呼ばれるようになっている。

 子宮頸がんを防ぐには、ワクチンで予防することが大切です。「HPVワクチンは、計3回の接種で感染を7~9割防ぐことができます。この効果は、世界各国のデータからも明らかです。男性の感染を抑えれば女性の感染も減るので、オーストラリアでは男児への接種も始まりました。同国では、ワクチンの効果で、子宮頸がんはまれながんになると推計されています」と青木氏は話します。

 一方、子宮頸がん検診は、自治体が行っている「細胞診」を2年に一度受けるのが一般的です。細胞診は、子宮頸部の表面の細胞を、プラスチック製のブラシやへら状の専用の道具でこすり取り、細胞の状態を調べる検査で、がんになる前の「異形成」の段階で発見することが可能です。「子宮頸がん検診は、20代から、2年に1度のペースで受けることをお勧めします。しかし残念ながら、2年に1度の子宮頸がん検診を受ける人は対象者の50%以下にとどまるのが現状です。まさかそれほど若いうちにがんになるとは思わない人が多いのでしょう」と青木氏は話します。

 現在日本では、年間1万人以上の女性が子宮頸がんを発症し、約2800人が死亡しています。患者は20代後半から急増し、ピークは30~40代と、妊娠・出産を希望する年代の女性に多いのが特徴です。HPVワクチンと検診の両輪で、予防と早期発見を進めることが大切です。

この記事は、女性を脅かす「子宮頸がん」、ワクチンと検診の両輪で対策を(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.