日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 花粉症の目薬、どう使い分ける?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

花粉症の目薬、どう使い分ける?

クイズで学ぶ「アレルギー性結膜炎と目薬」

 日経Gooday編集部

正解は、(2)ケミカルメディエーター遊離抑制薬 です。

 花粉症は、花粉を「アレルゲン」とするアレルギー性鼻炎・結膜炎のことです。アレルゲンとは、体から「異物」とみなされ、アレルギー症状を引き起こす原因となる物質のこと。アレルギー症状、つまりくしゃみや鼻水、鼻詰まりという鼻炎症状や、目のかゆみや充血といった結膜炎症状は、体内に侵入した異物を攻撃したり、体の外に追い出すための反応として起こります。

 花粉などのアレルゲンが体内に侵入し、免疫反応を担う「肥満細胞」の表面にあるセンサー(アレルゲンへの抗体:IgE)に結合すると、「ケミカルメディエーター」という物質が放出されます。このケミカルメディエーターの働きで、かゆみや充血、涙を出させるといった反応が引き起こされ、アレルゲンが体の外に追い出されるのです。

花粉症などのアレルギー性結膜炎の治療には、3種類の目薬を症状に合わせて使い分けます。(©liza5450 -123rf)

 アレルギー性結膜炎のうち、例えばスギ花粉が飛ぶ春だけ症状が表れるなど、特定の時期に発症するものは「季節性アレルギー性結膜炎」と呼ばれます。花粉症は、季節性アレルギー性結膜炎の代表格です。一方、季節に関係なく一年を通して目のかゆみなどの症状が続く場合は「通年性アレルギー性結膜炎」です。通年性アレルギー性結膜炎の主な原因は、ハウスダスト(家の中のほこり)といわれています。日本眼科医会によると、アレルギー性結膜炎の患者数は約2000万人で、その大半が花粉による季節性アレルギー性結膜炎だとしています。

 季節性と通年性のどちらであっても、アレルギー性結膜炎の治療には、次の3種類の目薬を症状に合わせて使い分けます。ヒスタミン拮抗(きっこう)薬の点眼薬、ケミカルメディエーター遊離(ゆうり)抑制薬の点眼薬と、ステロイド点眼薬です。

 この3種類のうち、効果が表れるのに最も時間がかかるのが、ケミカルメディエーター遊離抑制薬です。肥満細胞からケミカルメディエーターが放出されるのを抑えることで、アレルギー症状を和らげますが、効果が出るまでに2週間ほどかかるといわれています。そのため、花粉がまだ飛んでおらず、症状が出ていないころから使い始めるとよいとされています。

 一方、ヒスタミン拮抗薬の点眼薬とステロイド点眼薬は、どちらも即効性がありますが、作用のメカニズムや使い方は違ってきます。

 ヒスタミンは、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を引き起こすケミカルメディエーターの1つです。ヒスタミン拮抗薬は、ヒスタミンの働きをじゃまするように作用します。作用には即効性があるので、既にかゆみや充血といった症状が出ていて、それらを速やかに改善させたいときに使用します。

 そして、ステロイド点眼薬は、ヒスタミン拮抗薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬を使っても十分に症状が治まらない場合に使います。強力にアレルギー反応を抑える一方で、眼圧上昇といった副作用の危険性もあるため、症状がひどいときだけの使用にとどめ、多用はしないことが大切です。

図1◎ 季節性アレルギー性結膜炎での点眼薬の使い方
ヒスタミン拮抗薬は、既にかゆみや充血といった症状が出ている場合に、それらを速やかに改善させるために使用する。ケミカルメディエーター遊離抑制薬は、効果が出るまでに2週間ほどかかるといわれているため、花粉の飛散が始まる前の、症状が出ていない頃から使い始める。ステロイド点眼薬は、強力にアレルギー反応を抑える一方で、眼圧上昇といった副作用の危険性もあるため、症状がひどいときだけの使用にとどめ、多用はしない。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ビジネスパーソンは「目が命」
「目を取り出して洗いたい!」 かゆみや充血が起こるメカニズムとその治療法

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.