日経グッデイ

Goodayクイズ

お酒で薬を飲んでいい?

クイズで学ぶ「薬の飲み方」

 日経Gooday編集部

みなさん、「カラダにいいこと、毎日プラス」していますか? このクイズでは今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式でおさらいします。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。では、さっそくクイズを始めましょう。

薬の飲み方に関する問題

【問題】薬はお酒で飲んでいい? やっぱりダメ?

  • (1)お酒で飲んでOK
  • (2)お酒で飲むのはNG

正解は、(2)お酒で飲むのはNG です。

「薬は水で飲む」のが基本。ですが、ついお酒で薬を飲んでしまうことも…(c)nathaphat chanphirom -123rf

 薬は水で飲むのが基本です。これは多くの方がご存じでしょう。しかし分かっていても、自宅の晩酌や飲み会のとき、ついつい「風邪薬をビールで…」という経験がある人は少なくないと思います。

 ついやってしまいがちな「お酒で薬」ですが、一般社団法人千葉県薬剤師会 薬事情報センターの飯嶋久志さんは、「薬をアルコールで飲んではいけません。『水で服用』が大原則です」と話します。

薬が効きすぎてしまうことが!

 そもそも、なぜアルコールと薬を一緒に飲んではいけないのでしょうか。

 飯嶋さんは、「アルコールは多くの薬の働きに影響を及ぼします。その影響は薬によっても異なりますが、典型的な影響として、薬の作用や副作用を増強してしまう危険性があります。アルコールも薬も肝臓で代謝されます。その際、使われるのがCYP2E1(チトクロームP450)などの代謝酵素です。通常の人が薬とアルコールを併用した場合、この酵素を双方で奪い合う形になるのです」と説明します。

 この影響によって、アルコールによって薬が効きすぎてしまうこと、逆に効きにくくなるといったことが起こるのだと飯嶋さんは話します。

 「あくまで例えですが、代謝酵素によって、通常は50%代謝される薬があったとします。これがアルコールによって、代謝酵素を半分奪われてしまう形になると25%しか代謝されなくなります。すると薬の成分の75%が血中に入ってしまうことになります。当初、半分が代謝されるという前提で処方された薬の量なのに、実際には、より多くの量を飲んだのと同じことになってしまうわけです。これによって薬理効果が増える、つまり効きすぎてしまうのです。反対に日常的にアルコールを常飲している方は、普段から酵素活性が高いため、薬を代謝し過ぎてしまい、効きにくくなるといった弊害も出てきます」(飯嶋さん)

 飯嶋さんは、命にかかわる可能性もあると警告します。「薬理効果を促進させる薬の一例として、血栓症の治療に用いるワルファリンが挙げられます。通常の人がアルコールと併用すると効きすぎてしまい、出血する恐れがあります。脳など出血する場所によっては、命にかかわる重篤な症状を引き起こす可能性があるのです」(飯嶋さん)

 飯嶋さんによると、ドラッグストアで簡単に入手できる市販薬でも注意が必要な薬がたくさんあるそうです。

 これからの季節にお世話になるアレルギー性鼻炎(花粉症)用の薬についても、「かつてのアレルギー性鼻炎用の薬は、アルコールとの併用で眠気が増すと言われていました。最近では、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)などのように中枢神経抑制作用が少ない医薬品が開発されており状況は変わりつつあるものの、中枢神経に対する作用には薬剤によって程度の差があります。個々の薬剤については必ず専門科に相談するようにしてください」と飯嶋さんは注意を促します。

飲酒後に薬を飲むなら、最低3~4時間は空ける

 薬によって影響はさまざまですが、やはりお酒で薬を飲むのは止めましょう。とはいえ、朝昼晩と薬を服用するように指示されている期間に、飲み会が重なることもあります。お酒を飲んだ後は、どのくらい時間をあければ薬を飲んでいいのでしょうか。

 飯嶋さんは、「そもそも病気で薬を飲んでいるときは、お酒を控えていただきたいのですが…」と前置きしながらこう説明してくれました。

 「体重、性別などによってアルコールの体内消失時間は異なります。アルコール健康医学協会では、体重約60kgの成人男性で、1単位(純アルコール20g=ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールが体内から消えるまでに約3~4時間かかると説明しています(詳しくはアルコール健康医学協会のページを参照)。このため、飲酒後に薬を飲む場合は、あくまでも目安ですが、最低3~4時間は空けてください」(飯嶋さん) 

 薬を飲むなら、アルコールが代謝され、アルコールの影響がなくなった後にするということですね。もちろん、酒量が2単位になれば、体内に残る時間は約6~7時間と長くなるので、多く飲んだらそれだけ間隔を空ける必要があることにも注意しましょう。

この記事は、「『お酒でクスリ』はギリギリセーフ?」(執筆:葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事