日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 胃の病気で近年増えた病気、減った病気とは?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

胃の病気で近年増えた病気、減った病気とは?

クイズで学ぶ「胃の病気」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)胃がん(2)胃潰瘍です。

胃の病気の代表といえば、かつては胃がん、胃潰瘍だった

 胃の病気の代表といえば、かつては胃がん、胃潰瘍でした。ところが、ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)の除菌が進み、ピロリ菌に感染していない世代も増える中、胃がん、胃潰瘍は減少。胃の病気の主役は逆流性食道炎機能性ディスペプシアの2つに移りつつあります(図1)。

図1 胃潰瘍に代わり、逆流性食道炎が増えている
図1 胃潰瘍に代わり、逆流性食道炎が増えている
市立大津市民病院で1998年と2005年に行われた計2833件の内視鏡検査を基に、年齢調整有病率を算出した。胃潰瘍が減少しているのに対し、逆流性食道炎の増加が目立つ。(出典:Nakajima S, et al. J Gastroenterol Hepatol 2010; 25 Suppl 1:S99-S110.)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピロリ菌は胃の粘膜にすみ着く細菌で、胃の粘液に含まれる尿素を分解し、アンモニアを産生します。ピロリ菌が産生したアンモニアによって胃粘膜は傷つけられ、さらに、ピロリ菌が作る活性酸素や毒素からも胃はダメージを受けます。こうして胃粘膜の炎症が進むと、胃酸の刺激によって胃潰瘍が発生しやすくなります。さらに、胃粘膜が萎縮して慢性的な胃炎を起こし、そこから胃がんが発生しやすくなってしまうのです。

 「ピロリ菌の除菌治療を受ければ、胃がんや胃潰瘍のリスクを遠ざけることができます。ところが、除菌によって胃粘膜の炎症が止まることで、かえって別の病気にかかるリスクも出てきます。その1つが逆流性食道炎です」。国立国際医療研究センター消化器内科診療科長の秋山純一さんはそう語ります(*1)。

胃酸分泌が回復し、胃の運動機能の衰えと相まって逆流が起きる

 逆流性食道炎とは、文字通り、胃の内容物が食道方向へと逆流し、食道が炎症を起こす病気のこと。代表的な症状として、胸やけゲップ喉や口の中が酸っぱいと感じる呑酸(どんさん)胃痛などがあります。

 「ピロリ菌を除菌すると、胃粘膜の炎症が止まるので、それまで出にくかった胃酸が出やすくなります。それに加えて、中高年になると食道と胃をつなぐ筋肉である『下部食道括約筋』が衰えて緩むようになり、胃から食道への逆流が起きやすくなります。さらに、胃から十二指腸へ内容物を押し出す動きも衰えるので、胃の中で内容物が停滞し、食道方向に逆流しやすくなるのです」(秋山さん)

 除菌前と比べて胃酸が出るようになり、さらに加齢による胃の筋肉の衰えと相まって、逆流しやすくなるというわけです。そもそもピロリ菌に感染したことがないという人も、滞りなく胃酸を分泌し続けるため、そこに加齢による胃の動きの衰えが加われば、やはり逆流のリスクは高くなってしまいます。

自律神経の乱れやストレスも影響

 一方、機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia:FD)は、胃粘膜のただれや萎縮など目に見える異常はないものの、食後の胃もたれや空腹時の胃痛などの症状が表れる、慢性的な胃の病気のことを指します。機能性ディスペプシアは、みぞおちより上、上腹部の不調を訴えて医療機関を受診した人のうち、約半数もの人が該当するほど、ありふれた病気です。健康診断を受けた人の1割以上、つまり10人に1人以上が該当するとも言われています(*2)。

 機能性ディスペプシアの原因として考えられているのは、加齢とともに胃のぜん動運動(胃の内容物を十二指腸に押し出す動き)が衰えること、胃がうまく膨らまないこと、自律神経の乱れ、ストレス、胃酸への感受性が高い―などです。

*1 胃がんの減少にはこのほか、塩分摂取量の減少なども影響していると考えられている。
*2 日本消化器病学会「機能性消化管疾患診療ガイドライン2014―機能性ディスペプシア(FD)」より
胃・食道
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.