日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 骨を強くするためにはどんな運動がお勧め?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

骨を強くするためにはどんな運動がお勧め?

クイズで学ぶ「骨密度と運動」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)水泳 です。

骨は力学的なストレスを加えることで強くなっていく

 若いころに骨の中にみっしりと詰まっていた成分(カルシウムやたんぱく質)は、年齢とともに徐々に減り、骨の量や、骨の密度(骨密度)が落ちていきます。自分では気が付かないうちに骨がもろくなった結果、ちょっとした衝撃で骨折するようになってしまい、要介護や寝たきりを招くことも少なくありません。年齢を重ねても強い足腰を保つためには、骨の劣化を防ぎ、骨を強くすることが大切です。

 一般に女性は閉経後、男性は60歳を過ぎたころから骨密度が下がっていきます。年を取れば骨が弱くなるのも仕方がありませんが、ここで注意してほしいのは「骨は常に新しく作り替えられている」ということです。筋トレをすれば筋肉を増やせるように、生活習慣の工夫によって骨の形成を促せば、骨を強くすることができます。そしてそれは、早い時期から始めるほど効果的です。

 骨がもろくなって骨折のリスクが高まる「骨粗しょう症」の危険因子には、「加齢」「閉経」「骨の材料となるカルシウムやたんぱく質などの不足」「運動不足」「低体重」「タバコ」「大量飲酒」などがあります。「糖尿病」「遺伝的素因」も関係します。このうち、加齢や閉経、遺伝的要因などは、残念ながら自分の努力では変えることができませんが、努力次第でリスクを減らせるものもあります。その1つが運動です。

 では、具体的にどんな運動をすれば骨が強くなるのでしょうか。

どんな運動が、骨密度を上げて骨を強くするのに役立つのでしょうか?(C)maridav-123RF

 筋肉は筋トレで負荷をかけることで太くなるように、骨も、力学的なストレス(重力や衝撃)を加えることで強くなっていきます。骨や関節の病気に詳しい伊奈病院整形外科部長の石橋英明さんは、骨密度に効果がある運動として、「荷重運動、衝撃運動、高強度の筋力トレーニング」を挙げます。

 荷重運動は、重力がしっかりかかった状態で行う運動のこと。衝撃運動とは、ジャンプなど骨に衝撃を与える運動のことです。主な運動の例を以下にご紹介します。

[画像のクリックで拡大表示]

 閉経前女性256人を対象としたメタ解析(複数の論文のデータを統合して分析した研究)では、「1日にジャンプ10回×5セット」を行うことで、骨密度が増加する、あるいは減少を抑制する効果があったと報告されています(*1)。

 また、43件の研究を分析した論文では、さまざまな軽い荷重運動を続けることは腰椎(背骨の腰の部分)の骨密度を上げ、ジョギング、ダンス、ジャンプなどの強い荷重運動(かつ衝撃運動)は大腿骨近位部(脚の付け根付近)の骨密度を上げることが確認されています(*2)。

 反対に、これらに該当しない運動の代表例は、水泳です。水中では浮力が働き、骨に対する荷重が少なくなるほか、衝撃も加わらないため、骨密度を増やす目的で行うのは勧められません。

 ステイホームが長引くと、運動不足に陥りがちですが、いつまでも丈夫な足腰を保つ上で、運動不足は大敵です。ぜひ、こうした運動を積極的に取り入れていきましょう。

*1 Babatunde OO, et al. Osteoporos Int. 2012;23:109-19.
*2 Cochrane Database of Syst Rev. 2011;7:CD000333.
この記事は、 40代・50代から始める、骨を強くする筋トレ6選!(伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.