日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 花粉症を発症する期間の目安は?  > 2ページ目

Goodayクイズ

花粉症を発症する期間の目安は?

クイズで学ぶ「花粉症のメカニズム」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)3年 です。

大量飛散年には、“花粉症予備軍”の中から花粉症にデビューする(発症する)人が増える傾向があります。(©Tagstock Japan-123rf)
大量飛散年には、“花粉症予備軍”の中から花粉症にデビューする(発症する)人が増える傾向があります。(©Tagstock Japan-123rf)

 ふたばクリニック(東京都新宿区)院長の橋口一弘さんによると、「花粉症は、飛んでいる花粉をただ吸い込むだけでは発症しません。毎年吸い続けるうちに、花粉を異物として認識する抗体(スギ花粉であれば「スギ花粉特異的IgE抗体」と呼ばれる)が体の中で作られるようになります。この抗体の量がある一定レベルに達したところで、花粉が体に入ると、免疫システムが作動し、異物である花粉を排除すべく、一斉攻撃(アレルギー反応)が始まるのです」。それが、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状として現れます。

 このアレルギー反応のメカニズムは、しばしば「コップと水の関係」で説明されます。体内で抗体(水)が作られ、コップの中にたまっていきます。コップの中にあるうちは、その人の免疫システムは正常に働いていますが、その人のキャパシティ(コップの容積)を超えてあふれると、花粉を異物と認識したアレルギー反応が始まる―と例えれらます。抗体を持っていても生涯、アレルギー反応を起こさない人もいますが、そういう人たちは「コップが大きい」と解釈されています。

 個人差があるにせよ、大量飛散年には、花粉の抗体を持っていても発症していない“予備軍”の中から花粉症にデビューする(発症する)人が増える傾向はあるといいますので、心の準備は必要です。

 ちなみに、日本スギが存在しない国から来た人は、早くて約3年以上日本に滞在した頃にスギ花粉症を発症するといいます。毎年、春に花粉を吸い続けて抗体ができて発症するまでの最短期間は、3年が一つの目安のようです。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆季節の病気を上手に防ぐ
花粉飛散でヒサンな春への対処のしかた

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.