日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 緑内障の早期発見のため受けるべき検査は?  > 3ページ目

Goodayクイズ

緑内障の早期発見のため受けるべき検査は?

クイズで学ぶ「緑内障」

 日経Gooday編集部

目の中を満たしている房水が眼圧をコントロール

 眼圧を管理するために重要なのは、眼球の内部を満たしている房水の流れをコントロールすることです。房水は、目でレンズの働きをしている角膜、水晶体に酸素や栄養を補給している体液です。

 房水は毛様体という部位で作られ、眼球が正常な形を保つように圧力を調節しながら眼球内を循環。役割を終えると、虹彩の縁にある隅角(ぐうかく)という部分にある線維柱帯(せんいちゅうたい)を通って眼球の外の静脈に排出されます。なんらかの原因で隅角が狭くなったり、隅角の房水の出口が詰まったりすると眼圧が高まるわけです。緑内障の治療は、房水の作られる量や排出量をコントロールする医療といえます。

図2 目の構造と房水の流れ
図2 目の構造と房水の流れ
毛様体で作られた房水(青矢印)は、隅角にある線維柱帯を通って眼球の外の静脈に排出される。(原図=123RF)

治療の中心は薬物治療 正しく使い続けることが重要

 緑内障の治療の中心は、点眼薬による薬物治療です。点眼薬には、房水を流れやすくする「プロスタグランジン関連薬」、房水の量を減らす「β(ベータ)遮断薬」「炭酸脱水酵素阻害薬」などがあります。症状の程度や進行の速さによって、1剤で済む人もいれば、2剤、3剤を組み合わせることが必要な場合もあります。点眼の手間を省くために、複数の成分を組み合わせた配合剤も発売されています。

 そして、点眼薬の負担を減らしたい患者や、点眼薬だけでは眼圧がコントロールできない患者に検討される治療が、手術です。これまで房水の排出路である線維柱帯の一部を切り取り、別の排出路を形成する手術(濾過手術)の一つである「トラベクレクトミー」などが実施されてきました。これは、眼圧を下げる効果は高いものの、眼球の切開範囲が大きいため縫合の必要があるほか、出血、感染症などによる術後合併症の問題もありました。

 そこで近年、傷口が小さく患者の目への負担が小さい緑内障手術(低侵襲緑内障手術〔MIGS(ミグス): micro invasive glaucoma surgery〕)が登場しています。これにはいくつかの手術方法があり、例えば2010年に厚生労働省より認可された「トラベクトーム手術」は、細い針の先に取り付けられた特殊な電極により線維柱帯の一部を焼くことで房水を排出しやすくする手術です。

 さらに、より患者の負担が小さく“極低侵襲緑内障手術”ともいえる新たなMIGSとして登場したのが、iStent(アイステント)と呼ばれるチタン製の極小の管を使った手術です。これは、2016年に承認された手術で、長さ1mmのL字形のステントを線維柱帯のシュレム管に1個埋め込むことで房水の排出を促すものです(アイステント術に関する詳細はこちらをご覧ください)。

自分の受けている眼科の検査を確認

 最新医療の登場により治療の選択肢が増えてきた緑内障。失明はもちろん、視野の障害で快適な生活が損なわれることがないようにするには、やはり早期発見がポイントとなります。そのためには、40歳を過ぎたら、ほとんどの眼科で比較的簡単に受けられる「眼圧検査」「眼底検査」を定期的に受けることが重要です。 

 眼圧検査や眼底検査は人間ドックのメニューに入っていることも多いです(眼底検査は人間ドックに眼科が入っているのが必須)。特に「肉親に緑内障の患者がいる人、強度近視の人はリスクが高いので、より積極的に検査を受けてほしい」と須藤教授はアドバイスします。具体的には、誰でも40代で1度、リスクの高い人は50代で5年に1度、65歳以上は2年に1度程度受けると早期発見につながります。

この記事は、「初期の緑内障手術として注目 目への負担少ない『アイステント手術』とは?」(執筆:荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.