日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 緑内障の早期発見のため受けるべき検査は?  > 2ページ目

Goodayクイズ

緑内障の早期発見のため受けるべき検査は?

クイズで学ぶ「緑内障」

 日経Gooday編集部

 正解(緑内障の説明として間違っているもの)は、(4)眼内レンズを挿入する手術を行うのが一般的 (5)早期発見には「視力検査」が特に大事 です。眼内レンズの挿入手術が一般的なのは、白内障。緑内障の早期発見で特に大事なのは、「眼圧検査」と「眼底検査」です。

失明原因第1位の緑内障は40代から増え始める

 緑内障とは、なんらかの原因で視神経が障害され、それによって視野が欠ける病気です。目に入った光は、網膜細胞でとらえられ、その信号が脳に伝えられますが、網膜全体の神経線維は視神経乳頭という部分で100万本の束となります。これが視神経です。緑内障では、この視神経が障害され、徐々に減り、消失した視神経の領域の視野が欠けていきます。

図1 緑内障による視野の消失のイメージ
図1 緑内障による視野の消失のイメージ
視野が欠けていっても、両目で見ると異常に気づかないことがほとんどだという。(原図=123RF)

 緑内障は、眼科医が眼底写真という方法で網膜の視神経乳頭を調べると、40代以上で20人に1人に見つかり、年齢が上がるにつれその数はもっと多くなるといわれています。ただ目は常に動いている上、脳は視神経全体の情報を処理して見ているため、かなり視野が欠けても気づかないことも多いのが実情です。

 失った視野は取り戻すことができない上、症状が進むと治療が難しく、2018年に発表された厚生労働省の調査(*1)では、緑内障は中途失明原因の第1位(28.6%)でした(第2位は網膜色素変性の14.0%)。

 緑内障で大切な視力を損なわないために、最も重要なことは早期発見・早期治療です。東京女子医科大学附属足立医療センター(東京都足立区)眼科の須藤史子教授は、「緑内障で失った視野を回復することはできないものの、症状が進む前に発見し、適切な治療で進行を抑えれば、寿命を全うするまで日常生活に必要な視野を保つことができます」と訴えます。

*1  Morizane Y,et al. Japanese Journal of Ophthalmology. 2019;63:26–33.

正常眼圧緑内障も眼圧を下げることで進行を食い止められる

 緑内障の発症メカニズムについて確実なことは分かっていませんが、眼球内部の圧力(眼圧)が高いほどリスクが高いこと、そして眼圧を下げると緑内障の進行を抑制できることは分かっています。眼圧は10〜20mmHgが正常範囲といわれているので、これを大きく超えると視神経が障害される可能性が高くなります。

 ただ、眼圧が正常範囲でも少しずつ視神経がダメージを受けてしまう「正常眼圧緑内障」もあります。日本人に多く見られ、薬の副作用や基礎疾患など明らかな原因のない緑内障(原発開放隅角緑内障)の患者の9割を占めているという報告もあります。そして正常眼圧緑内障でも眼圧を下げることで進行を抑えられることも分かってきました。

キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.