日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 長寿の人は小食? それともしっかり食べている?  > 3ページ目
印刷

Goodayクイズ

長寿の人は小食? それともしっかり食べている?

クイズで学ぶ「長寿者の食生活」

 日経Gooday編集部

 「60代ぐらいではまだ丈夫なので、脂肪を減らすことを優先させるべきですが、70~80代以降になると、筋肉と骨格系の衰えの方が死活問題になってきます。個人差はありますが、70代ぐらいになったら頭を切り替え、『やせないようにしっかり食べる』ことを優先した方がいいのです。栄養素では、たんぱく質をきちんと食べることが大事です」(新井さん)。

 このように、従来は想像できなかった長寿社会になると、昔ながらのアドバイスが当てはまらない部分が出てきます。新井さんは、「もちろん百寿者には肥満の人はほとんどいませんので、若いころから食べ過ぎる習慣はなかったと思われます。でも、少食でもない。とりわけ高齢になってからは、むしろしっかり食べたほうがいいと、覚えておいてください」と話します。

寿命の上限はどこにある?

 このように、平均寿命が延び続け、百寿者の数も年々増え続けていると、人間の寿命はどこまで伸びるのかも気になります。

 新井さんは、「日本人の平均寿命は、今なお右肩上がりで伸び続けています。生物としての寿命の限界がどこかにあるだろうとは思いますが、それがどのあたりなのかを、過去の人口統計などから予測するのは困難です」と話します。

 これに関して興味深い報告が出ています。2016年10月に、科学雑誌ネイチャーに「最高齢記録は1990年代以降伸びていない」という論文が掲載されたのです(Nature. 2016;538:257-259.)。「ギネスブックに載っている人類の最高齢は、122歳。97年に亡くなったフランス人女性ですが、これは一人だけ例外的に飛び抜けた記録です。それ以外の記録は概ね115歳あたりにとどまっていることから、『最長寿命は115歳ぐらいが限界だろう』と結論付けています」(新井さん)。

この記事は、「60代までは食べ過ぎ注意、70代からはしっかり食べる」(執筆:北村昌陽=科学・医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.