日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > ヒートショックを防ぐお風呂の入り方は?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

ヒートショックを防ぐお風呂の入り方は?

クイズで学ぶ「入浴」

 日経Gooday編集部

 正解は、
(2)衣類を脱いだらすぐに湯船につかる です。

寒い季節は1日の終わりに湯船にゆっくり浸かり、冷えた体を温めたいもの。(©Igor Serdiuk-123rf)
寒い季節は1日の終わりに湯船にゆっくり浸かり、冷えた体を温めたいもの。(©Igor Serdiuk-123rf)

 一般に、血圧は暑い場所では下がり、寒い場所では上がる特徴があります。寒い時は体温を下げないように血管が収縮して血圧が高まりますが、暑い時は熱を放出して体温を下げようとして血管を広げ、発汗も加わって血圧が下がります。

 血圧の変動があまりに大きすぎると、急激に心臓や脳に負担がかかり、「脳卒中」「心筋梗塞」などによる突然死を起こすリスクが高まります。特に冬は、屋内であっても場所によっては寒暖差が大きく、血圧も上下しやすい環境を作ってしまいます。その危険性の高い典型的な場所がお風呂。入浴時には脱衣場と風呂場、湯船の中と温度差が大きくなるため、急激に血圧が上下しやすくなります

  1. 温かい部屋から寒い脱衣所に行くと血圧が上がる
  2. 熱い湯船に入ると交感神経が緊張し、血管が収縮して血圧がさらに高くなる
  3. ゆっくり湯につかるうちに血圧が下がる
  4. 湯船を出て体が急速に冷えると再び血圧が上がる

 このような急激な温度の変化で、身体がダメージを受けるのが「ヒートショック」で、血圧変動も強く関係しています。

 横浜市立大学附属病院腎臓・高血圧内科 診療科部長・主任教授の梅村敏さんによる、ヒートショックを防ぐための入浴時の工夫に次のようなものがあります。

表1◎ 寒い季節に血圧を上げない入浴時の工夫
脱衣所や浴室内を温めておく脱衣所に小型ヒーターを設置し、浴室内は湯船の蓋を先に開けておいたり、シャワーの湯気で温めたりすると、寒暖差を最小限に抑えることができる
湯温は41℃以下にとどめる寒い季節こそ、衣類を脱いですぐ熱い風呂にドボンと入りたいと思うもの。これをぐっとこらえて、かけ湯をしながら入ろう。冷水浴やサウナは温度差が激しく危険なので避けること
食事の直後や飲酒後の入浴は控える食事やアルコールを飲んだ直後は血圧が下がりやすいので、温度差の大きい場所に身を置かないよう気をつけよう

 ヒートショックを起こしやすいのは、血管が弱くなっている高齢者だけと思いがちですが、40代以降のビジネスパーソンも決して他人事ではありません。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆季節の病気を上手に防ぐ
怖い入浴中の突然死、ヒートショックはなぜ起こる?

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.