日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > かぜをひくと熱が出るメカニズムは?  > 2ページ目

Goodayクイズ

かぜをひくと熱が出るメカニズムは?

クイズで学ぶ「体のメカニズム」

 日経Gooday編集部

 正解は、
(1)血管を広げて全身の血流量を増やす です。

かぜをひくと熱が出るのは病原体と闘うため。(©Viacheslav Iakobchuk-123rf)

 かぜやインフルエンザにかかって熱が出るのは、体内に侵入してきた病原体を増殖させないようにする生体の防御反応です。体温が平熱に近い37度くらいだと病原体が増殖しやすいのですが、それよりも2度ほど上がる(39度くらい)と病原体の増殖速度は低下します。また、病原体を攻撃する免疫細胞の中には、体温が上がることでより活発に働くようになるものもあります」。そう話すのは、京都大学生命科学系キャリアパス形成ユニット准教授の中村和弘さん。

 中村さんによると、体温を上げる仕組み(熱産生)は大きく3段階あるといいます。

表1◎ かぜの発熱の程度と震えの関係
悪寒微熱高熱
症状・寒気を感じる
・顔色が悪くなる
・熱っぽい
・明らかに寒いと感じる
・ガタガタ震える
・高熱でとにかくつらい
体温37度前後37~38度程度38度以上
体内で起こっていること皮膚血管を収縮させ、血流を低下させて、体温の低下を防ぐ褐色脂肪を燃焼させて、体温を上げる骨格筋をブルブルと震わせて、さらに体温を上げる

 かぜをひいたとき、第1に起こる反応は「熱を逃がさない」こと。体の中で熱を運んでいるのは血液なので、まずは皮膚のすぐ下の血管を収縮させて、血流を低下させます。つまり、体を“エコモード”に切り替えて、熱が放散するのを防ぐのです。「普段は寒いとは感じないような温度でも、寒いと感じるようになります。なぜそうなるのかメカニズムはまだわかっていませんが、寒いと感じさせることで『体を温めよう』という行動を促し、体温を上げようとしているのだと考えられます」(中村さん)。

 その方法でも体温が十分に上げられないと、次に、体内にある脂肪を燃やして熱を作ろうとします。脂肪といっても、肥満の原因になる脂肪(白色脂肪組織)ではなく、熱を作り出す働きのある「褐色脂肪組織」がその対象となります。

 ところが、この第2段階でもまだ体温上昇が不十分と見なすと、体はいよいよ最終段階の「震えによる熱産生」へと入ります。第1段階である皮膚血管の収縮と、第2段階の褐色脂肪組織の燃焼は、自律神経の一つである交感神経によってコントロールされていますが、震えを起こすのは運動神経によるもの。まさに運動をするかのように、骨格筋をブルブルと震わせて、熱を作り出すようになります。

 体温を上げる最後の手段である「震え」。これは命を守る最終手段でもあると中村さんは言います。「震えは、運動神経と骨格筋を使って熱を作り出す行為です。これは別の言い方をすると、自分の行動を犠牲にしてでも、体温を上げようとしている状態なのです」(中村さん)。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆ おとなのカラダゼミナール
風邪で熱が高いのに、ぞくぞく震えるのはなぜ?

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.