日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > ピロリ菌を除菌すると、胃液が逆流しやすくなるって本当?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

ピロリ菌を除菌すると、胃液が逆流しやすくなるって本当?

クイズで学ぶ「胃食道逆流症」

 日経Gooday編集部

 正解は、(1)ホントです。

胃食道逆流症には、加齢や肥満、脂肪分、ピロリ菌除菌などが影響

つらい胸やけ。放置すると難治化することも…。(C)Lightwave Stock Media-123RF

 胃食道逆流症(GERD:GastroEsophageal Reflux Disease)は、胃酸(胃液)などの胃の内容物が食道へ逆流する病気で、胸焼けなどの不快な症状や、食道粘膜の炎症などを引き起こします。

 「胃食道逆流症の症状は、胸がムカムカする、焼けるようにジリジリする、といった症状だけにとどまりません。酸っぱいものが口の中までこみ上げてきたり(呑酸、どんさん)、食後に胸や背中が痛むこともあります。咳が止まらず、喘息かと思っていたら、実は胃食道逆流症が原因の咳であったという事例もあります」。そう話すのは、四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センター臨床研究管理部部長の関洋介氏です。ただし、逆流があっても特に自覚症状がないタイプの人もいます。

 なぜ食道への逆流が起こるのでしょうか。「食道と胃のつなぎ目から4~5cm上の部分には下部食道括約筋という筋肉があるのですが、この筋肉は普段はギュッと閉じていて、食べ物が口に入り、胃に向かって下りてきたときだけ開く仕組みになっています。食べ物が胃に運ばれると、下部食道括約筋は再び閉まり、胃から食道への逆流を防ぎますが、この筋肉の働きの不具合によって、胃の内容物が逆流しやすくなります」(関氏)。

図1 胃の内容物が食道へ逆流する主な原因
[画像のクリックで拡大表示]

 この不具合に大きく影響するのが、加齢です。さらに、脂肪分の多い食事やアルコールも、下部食道括約筋の機能を低下させ、緩みやすくします。肥満がある人や妊娠中や出産後の女性も、腹圧が上がるため、胃液がより逆流しやすくなります。また、チョコレートやケーキなどの甘味料が多く使用されているもの、やオレンジジュースなどの柑橘系または香辛料など刺激が強いもの、紅茶・コーヒー・緑茶などカフェインを含むもの、さらに、日常生活でのストレスは、胃酸分泌を促すとされています。食道裂孔ヘルニアといって、食道と胃を隔てる横隔膜の穴(食道裂孔)が緩んだ場合も逆流しやすくなります。

 これらに加え、近年増えている胃のピロリ菌の除菌治療も、逆流のリスクを上げることが分かっています。「ピロリ菌が胃に感染すると、胃粘膜が萎縮し、胃酸分泌が減少します。ところが、胃がん予防のためにピロリ菌を除菌すると、胃がんのリスクは減りますが、胃酸の分泌が促進されるようになり、逆流が起こりやすくなるのです」(関氏)。

 胃食道逆流症の治療は、胃酸の分泌を抑制する薬(H2ブロッカーやPPIと呼ばれる種類の薬)の服用が中心になります。生活習慣の改善も大切です。「甘い物・辛い物、脂っこい物、酸味の強い物を避け、大食い・早食い、お酒、タバコなどはなるべく控える、食後はすぐに寝ころばない、就寝時は枕を高めにするなど、胃の負担となる飲食や習慣を避けることから始めてみるとよいでしょう」と関氏はアドバイスしています。

この記事は、「胸焼けがつらい「逆流性食道炎」、将来の食道がんの心配は?」(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.