日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > 腰痛を引き起こす「脊柱管狭窄症」は、どんな動作がNG?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

腰痛を引き起こす「脊柱管狭窄症」は、どんな動作がNG?

クイズで学ぶ「脊柱管狭窄症」

 日経Gooday編集部

 正解は、(2)腰を後ろに反らす動作です。

背骨の「神経の通り道」が狭くなって神経が圧迫され、痛みが出る

 私たちの体を支える背骨(脊椎)は、合計26個の椎骨(上から順に7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨)でできています。椎骨の背中側の椎弓と呼ばれる部分には空洞があり、その中に脊髄という神経の束が通っています(下図)。脊髄は細かく枝分かれしながら体のすみずみまで届き、脳からの情報を伝えています。この脊髄の通り道が、脊柱管(せきちゅうかん)です。脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって中を通っている脊髄を圧迫し、神経障害を引き起こす病気です。脊柱管狭窄症のほとんどが腰椎で起こり、腰痛や坐骨神経痛(お尻から足先にかけての痛みやしびれ、感覚異常、筋力の低下)を引き起こします。

背骨(脊椎)の構造
背骨(脊椎)は、頸椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨の計26個の骨(椎骨)からなっている。椎骨の背中側には脊髄という神経の束が通り、隙間から枝分かれして体のすみずみまで伸びている。原図左:(C)nerthuz-123RF 右:(C)alexmit-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ脊柱管が狭くなってしまうのでしょうか。腰痛や坐骨神経痛の名医として知られる日本赤十字社医療センター脊椎整形外科顧問の久野木順一さんは、「生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、原因のほとんどは、老化による骨や靱帯、椎間板の変性です」と話します。年をとると腰椎の椎骨に突起ができたり、椎骨と椎骨の間にある椎間板がふくらんだり、周辺の靱帯が厚くなったりして、脊髄を守っている脊柱管が狭くなってくるのです。

 脊柱管狭窄症の患者は50代以上が多く、年齢を重ねるほど増えていきます腰を後ろに反らすと、脊柱管がさらに狭くなって神経を刺激するので、痛みが強くなるという特徴があります(ちなみに20~40代に多い腰椎椎間板ヘルニアでは、腰を前に曲げると痛みが出ます)。歩くと脚に痛みやしびれを感じるため、休み休みでないと歩けない「間欠跛行」という症状も現れます。

脊柱管狭窄症の特徴

背骨や靭帯の老化によって神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫して痛みやしびれが出る

50代以上に多く、年齢が上がるほど増えていく

腰を後ろに反らすと痛みが出る

歩くと脚に痛みやしびれを感じ、歩けなくなる。少し休むとまた歩けるようになる(間欠跛行)

7割は手術をしなくても保存療法で改善する

 脊柱管狭窄症に対しては、まずは十分な保存療法が行われます。保存療法とは、薬によって痛みや炎症を抑えたり、運動によって骨を支える筋肉を保護・強化したり、コルセットを付けたりすることで症状を和らげる治療方法で、「脊柱管狭窄症の約7割の人は、手術をしなくても保存療法で症状が改善します」と久野木さんは話します。

 ただし、何も対処をせずに症状が進めば、歩行困難排尿障害(頻尿や失禁)が生じてきて重症となり、手術が避けられなくなることもあるので、放置は禁物です。

 「病気の背景には老化もありますが、それだけではなく、長年にわたる不適切な姿勢や動作が深くかかわっています。医師に任せるだけではダメで、日常の動作や姿勢を改善しなければ治りません。つまり、治療には “自分で治す”という気持ちが欠かせないのです。その気持ちがあれば、手術を回避し、再発を防ぐことは可能です」(久野木さん)

 脊柱管狭窄症は腰を後ろに反らせると痛みが出るため、運動の際には、痛みの出る方向には腰を動かさないことが基本です。例えば、仰向けに寝て両手でひざを抱え、上半身に押し付け数秒キープする「ひざ抱え体操」や、正座の状態から上半身を前に倒し、両腕を伸ばして数秒キープする「ひれ伏し体操」がお勧め。いずれも10回ほど繰り返しましょう。

 日常生活では、反動をつけて重いものを持ち上げる動作、腰を落とさずに床の物を拾う動作、腰を大きくひねる動作、デスクワークや車の運転などで長時間同じ姿勢を続けることなどは、腰に大きな負担をかけるので避けるようにしましょう。

この記事は、お尻や脚が痛む「坐骨神経痛」の原因は「腰」にあった(伊藤和弘=ライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.