日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Goodayクイズ  > 大人の「脱腸」は、男性に多いってホント?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

大人の「脱腸」は、男性に多いってホント?

クイズで学ぶ「鼠径ヘルニア」

 日経Gooday編集部

正解は、(1)ホント です。

 鼠径(そけい)ヘルニアは、右の図に赤い点線で示した「鼠径靭帯(じんたい)」の上縁に沿った管(鼠径管)から、腸など腹腔内の臓器が皮膚の下に飛び出す病気です。

 鼠径という言葉の語源は、ネズミの通り径(みち)から来ています。男児では、胎児のときに腰部の腎臓の近くに発生する睾丸が、腹壁を通って陰嚢(睾丸を包む袋)まで降りてきます。この通路が、睾丸をネズミになぞらえて、鼠径管と呼ばれているのです。女児の場合は、子宮を支える「子宮円靭帯」が、鼠径管を通って陰部まで下降します。

 大人の鼠径ヘルニアは、鼠径管のある鼠径部の腹壁がゆるむことで起こります。具体的には、腹壁の筋肉の最も腹腔側を覆う筋膜が、代謝異常によって弱くなることが原因とされます。聖路加国際病院消化器センターヘルニアセンター長の柵瀨(さくらい)信太郎医師によると、筋膜が弱くなることには喫煙や遺伝が関係しているのではないかという意見はありますが、はっきりとは解明されていないそうです。

 発症数は、30歳ぐらいから加齢とともに増加し、60代、70代が発症のピークで、その80~90%が男性です。「運動、食事、仕事などとは直接、関連性はないため、予防する方法も分かっていません。誰にでも起こり得る病気だといえます」と柵瀨医師は話します。

 鼠径ヘルニアそのものは命に関わる病気ではありませんが、放置するとまれに、皮膚の下に飛び出した内臓が体内に戻らず、石のように硬くなって押すと痛む「嵌頓(かんとん)」を生じることがあります。こうなると緊急手術が必要になるので、軽度のうちに、早めに対処したいですね。

 さらに詳しい解説はこちら。

◆専門医に聞く「鼠径ヘルニア」
下腹部のふくらみはヘルニア? 放置して大丈夫?

関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.