日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 全身の筋力の指標となるものは何?  > 3ページ目
印刷

Goodayクイズ

全身の筋力の指標となるものは何?

クイズで学ぶ「筋力」

 日経Gooday編集部

 このうち「足の筋力・バランス力・柔軟力」の3つについては、なぜ大切なのかイメージできる方は多いでしょう。それに対して「握力」については、「なぜ関係あるのだろう」と不思議に思う方もいるかもしれません。

 確かに、「握力=手のひらの力」というイメージがあるかもしれません。しかし、実は握力は全身の筋力を反映する鏡のような存在であり、下図のように40代から徐々に低下していきます。

握力は40代から徐々に落ち始める
握力は40代から徐々に落ち始める
[画像のクリックで拡大表示]
年齢別・性別に見た握力の平均値を示すグラフ。40代以降、握力は少しずつ衰えていく。(スポーツ庁「令和元年度 体力・運動能力調査報告書」より)

 「握力は全身の筋力と比例していて、握力が低い人は全身の筋力も低いことが分かっています。そのため握力は、『フレイル』の判定など、全身の筋力の程度を知る指標として使われています」(横山さん)

 フレイルとは、加齢に伴って体力や食欲、意欲などが低下し、「虚弱」な状態に陥ることを指します。握力は、50代男性で約45kg、女性で約27kgが平均値とされますが(*1)、男性26kg未満、女性18kg未満まで落ちるとフレイルと判定されます(利き手の場合 *2)。フレイルは健康な状態と要介護の中間にあたり、可逆的な状態であるため、要介護状態に至る前に引き返すことが肝要です。

 例えば、ペットボトルのフタを開けるには、約15kgの握力が必要となります。万一ペットボトルのふたを開けづらくなったら、すでにフレイルが始まっているというわけです。

 ちなみに、スポーツクライミングの選手には、女性でも40~50kg、つまり一般の人の倍に相当する握力の持ち主がいます。リンゴをグシャッと手で握りつぶすときの握力は、さらに上の約70kgに相当するそうです。

 「もちろん、一般の人がそこまで鍛え上げる必要はありません。でも、握力は日常生活でよく使う力なので、せめて平均値は割り込まないように維持してほしいと思います」(横山さん)

 横山さんによると、握力を鍛えると、単に手の力が強くなるだけでなく、全身にさまざまな良い影響があるそうです。

 「握力を鍛えるような簡単なトレーニングでも、筋肉が刺激されて収縮すると、筋肉からマイオカインという物質が分泌されます。マイオカインは万能ホルモンと呼ばれ、ダイエットやさまざまな病気の抑制、認知症の予防・改善、健康寿命の延長などに役立つと言われます。マイオカインが分泌されると、糖尿病・高血圧・動脈硬化といった生活習慣病のみならず、脳機能や認知機能の改善にも効果があるとされ、学習や記憶力の向上効果も期待できます。コロナ禍でのテレワークの合間にトレーニングをすることで、仕事の効率化にもつながるかもしれません」(横山さん)

 運動不足を実感している方は、「週2~3回でOK!『巣ごもり老化』防止のための部屋トレ術」の記事などを参考に、「足の筋力・バランス力・柔軟力」だけでなく、ぜひ「握力」も意識して鍛えるようにしてください。

*1 スポーツ庁「令和元年度 体力・運動能力調査結果」より。
*2 現在のところ、フレイルの評価基準は統一されていない。一般的には、握力のほか、疲れやすさ、身体活動量の減少、体重減少、歩行速度の低下の5つのうち3つ以上該当すればフレイル、1~2つ該当すればプレフレイル(フレイル予備群)と判定されている。
この記事は、運動不足で進む「巣ごもり老化」 気軽にできる「部屋トレ」でしっかり予防(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

3/3 page

フレイル
ロコモティブシンドローム
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.