日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Goodayクイズ  > ED治療薬はどれも同じ?  > 2ページ
印刷

Goodayクイズ

ED治療薬はどれも同じ?

クイズで学ぶ「性機能回復」

 日経Gooday編集部

 正解は、(3)シアリスです。

「男を立てる」ED治療薬の仕組みとは?

 現在、EDの治療にはバイアグラ(一般名シルデナフィル)、レビトラ(同バルデナフィル)、シアリス(同タダラフィル)といったED治療薬が使われています。これらは基本的に同じメカニズムで、大まかには「血管を拡張させる」作用があります。

 誤解している人もいるかもしれませんが、これらの薬を飲んでも「朝立ち」のように自動的に勃起するわけではありません。あくまで性的に興奮したとき、スムーズに勃起するようになるのです。

 男性が性的に興奮すると、それが脳の中枢から脊髄を通ってペニスの海綿体神経に伝えられます。するとペニスの神経や血管からNO(一酸化窒素)が出て、海綿体の中にサイクリックGMPという物質が増えます。このサイクリックGMPに海綿体の筋肉をゆるめる作用があるので海綿体の血管が広がり、大量の血液がペニスに流れ込むことで勃起するわけです。

 ところが、海綿体の中にはPDE5という酵素もあり、これがサイクリックGMPを分解してしまいます。若いころはサイクリックGMPがたくさんできるので問題ありませんが、年をとって血管機能が衰えるとサイクリックGMPの量が減り、PDE5の影響が表れやすくなります。その結果、海綿体の筋肉がゆるまず、うまく勃起しなくなってしまうのです。

 そこでバイアグラやシアリスの登場です。これらのED治療薬は、医学的には「PDE5阻害剤」と呼ばれています。つまりPDE5というブレーキを抑えることで、サイクリックGMPの量が少なくても有効に活用し、スムーズに勃起できるようにするわけです。特にシアリスは作用時間が36時間と長く、食事の影響も受けないので使いやすいでしょう。

[画像のクリックで拡大表示]

 ED治療薬は基本的に医師から処方されなければ買えません。インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品だったという調査もあります(* 1)。「偽造品は、成分量が異なっていたり、いろいろな混ざり物が入っていて健康を害する可能性があります。そもそも処方せんが必要な薬ですから、十分に注意してください」と東邦大学医学部泌尿器科教授の永尾光一さんは話します。

 保険は利きませんが、1錠の値段はバイアグラ(25mg)が1300円程度(ジェネリックならもっと安い)、シアリス(10mg)が1500円程度。週に1錠のペースで飲むなら、月に5000~6000円ですむ計算になります。

 「泌尿器科に行き、ED気味なので治療薬を試したいと言えばいいでしょう。危険がないように他に飲んでいる薬などはチェックしますが、通常は問診だけですんなり処方されます。動脈硬化の予防にもなるので、自分でも飲んでいる泌尿器科医もいますよ」(永尾さん)

 飲みたいと思ったら、ネットで怪しげなものに手を出さず、ストレートに医師に相談してみましょう。ただし、いずれのED治療薬も、ニトログリセリンなどの狭心症の治療薬(硝酸薬)を使用している人、血圧が高すぎる人(降圧剤でコントロールしていれば問題ない)・低すぎる人、脳梗塞や脳出血・心筋梗塞を起こしてから間もない人などは使うことができません。

*1 国内でED治療薬を製造・販売している4社が共同で2016年3~8月に調査した結果。
この記事は、ED治療薬で動脈硬化予防? 性機能回復だけでないメリット(伊藤和弘=フリーランスライター)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.