日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 女性に多い「片頭痛」 他の頭痛と見分けるポイントは?  > 2ページ目
印刷

Goodayクイズ

女性に多い「片頭痛」 他の頭痛と見分けるポイントは?

クイズで学ぶ「片頭痛」

 日経Gooday編集部

 正解(間違っているもの)は、(4)体を動かすと痛みがやわらぐ です。

頭の片側の脈打つような痛みや吐き気が特徴

日本の片頭痛患者は約840万人と推計され、女性に多く見られます。(写真=123RF)
日本の片頭痛患者は約840万人と推計され、女性に多く見られます。(写真=123RF)

 ズキズキしたり、ギューッと締めつけられるように痛んだり…。頭にさまざまな痛みが現れる「頭痛」は、日本人の4人に1人が悩むと言われるほど身近な症状です。慢性的に痛みが続く慢性頭痛では、肩こりなどからくる緊張型頭痛や、寝込むほどの痛みが定期的に出る片頭痛の頻度が高いことが知られています。

 「緊張型頭痛」は、肩や首の筋肉が緊張して血行が悪くなる「コリ」や、精神的なストレスが原因で起こります。頭を締め上げるような痛みが特徴で、普段、パソコンに向かって前傾姿勢を続けることが多く、肩がこっていて頭痛も出る、という場合は、緊張型頭痛であることが多いとされます。肩こり頭痛、ストレス頭痛とも呼ばれるこの頭痛を患う人は、日本に約2200万人いると推計されています。

 緊張型頭痛は頭や首の筋肉の血管が収縮することによって起こりますが、それとは反対に、脳の血管が広がる(拡張する)ことで起こるのが「片頭痛」です。日本の片頭痛患者は約840万人と推計され、女性に多く見られます。その特徴は、ズキン!ズキン!と脈打つような、頭の片側の強い痛み吐き気・嘔吐を伴って寝込むこともあり、4時間から、長ければ72時間も続きますが、落ち着くと何事もなかったように治まります。片頭痛が慢性化する「慢性片頭痛」では、そんな頭痛が1カ月の半分以上も続きます。

 片頭痛は、光や音のような刺激や、天候など環境の変化に反応して始まることが多いという特徴もあります。「この体質は遺伝によって受け継がれることが多いのですが、どのような刺激が契機になるかは人によって異なります」と、埼玉精神神経センター内・埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦さんは話します。

片頭痛を見分けるポイントは「おじぎ」や「運動」

 坂井さんによると、片頭痛と緊張型頭痛は、ある程度は素人でも区別することが可能です。その方法とは、痛みが出ているときに「おじぎ」をするように頭を下げること。

 「おじぎをすると頭に血がのぼり、脳に軽いうっ血が起こります。緊張型頭痛では、頭の血管が収縮して血行が悪くなっているので、頭を下げても痛みの変化はほとんどありません。一方、片頭痛は脳の血管が広がって起こるので、痛みの最中におじぎをするとさらに頭に血がのぼって痛みが悪化します。トイレでいきんだり、咳やくしゃみをしたときにも、血管に圧がかかって痛みが強くなります」(坂井さん)

 おじぎのほかにも、体を動かして痛みが悪化すれば片頭痛、楽になれば緊張型頭痛、というふうに区別がつくこともあります。「動いたときに痛みが増すのは片頭痛の特徴です。体の動きに対して非常に敏感になっているので、片頭痛が起きているときは、運動やマッサージを避けてください」(坂井さん)。

緊張型頭痛と片頭痛を区別するポイント
緊張型頭痛と片頭痛を区別するポイント
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、中には片頭痛と緊張型頭痛の両タイプを併せ持つケースもあり、素人には判断がつかない場合もあります。片頭痛と緊張型頭痛では治療の内容もセルフケアの方法も異なるので、正確な診断のためには医療機関を受診しましょう。

 坂井さんは、頭痛が起きたときの状態について簡単なメモを取る「頭痛ダイアリー」の活用を勧めています。片頭痛や緊張型頭痛は、MRIやCTなどの画像検査を行っても異常がないため、医師が「痛み」という主観的な症状を把握するには、問診に頼るしかありません。その際、症状が一目で分かる記録があれば、診断の助けとなるのです。頭痛ダイアリーのフォーマットは、日本頭痛学会のウェブサイトからダウンロードできます。

この記事は、日本人の4割が悩む「頭痛」 その原因は? どうすれば軽くなる?(田中美香=医療ジャーナリスト)を基に作成しました。
関連記事

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.