日経Gooday TOP  > からだケア  > この夏、男と女の「体臭」「口臭」を徹底ケア!  > 口臭を抑えるには“規則正しい3度の食事”から  > 2ページ目

この夏、男と女の「体臭」「口臭」を徹底ケア!

口臭を抑えるには“規則正しい3度の食事”から

歯磨きに加え、舌苔の除去も効果的

 伊藤和弘=ライター

歯周病の治療も口臭除去に有効

 一方、歯周病も口臭の大きな原因であることが分かっている。口の中にいる細菌は歯の表面にある歯垢や歯石、舌苔に住みつき、食べ物のカスなどを食べて、におい物質を放出する。そこに歯周病菌が加わり、菌がさらに増殖するため、口臭が強まる。

 歯周病は、歯ぐきが赤く炎症し、歯の骨(歯槽骨)が溶けてくる病気。かつて「歯槽膿漏」とも呼ばれていたように、悪臭のあるうみを放つ。重症の歯周病の罹患率は40代前半では25.6%だが、50代後半になると46.2%と急増する(平成23年歯科疾患実態調査、厚生労働省)。それだけ一般的な病気であり、歯周病の治療が、効果的な口臭対策になるケースも多い(下図参照)。

歯周病のケアは口臭予防効果も高い
歯周病のケアは口臭予防効果も高い
歯周病のある111人を「歯周病処置を先にし、舌磨きを後にした群」(52人)と「舌磨きを先にし、歯周病処置を後にした群」(59人)の二群に分け、口臭の変化を官能試験でスコア化した。結果、「歯周病処置を先にした群」は最初の歯周病の処置だけで口臭が大きく低下した。(データ:J.periodonant.Res;46,722729,2011)

自分の口は臭いのか? それとも臭くないのか?

 とはいえ、そもそも、自分の口は臭いのか? 臭くないのか? 口から吐いた息を手でためて、自分の口臭をチェックしようとしても、いつもかいでいる自分のにおいに慣れてしまうため、客観的に判断するのは非常に難しい。気になる人は下の「口臭のセルフチェック」を試してみてほしい。これらはどれも口臭を強くする要因で、該当する項目が多いほど、「口が臭い」可能性が高くなる。

口臭のセルフチェック(作成:川口教授)
□1日1回しか歯を磨かない
□歯石を1年以上取っていない
□歯に食べ物がはさまる
□口の中がネバネバしている
□歯ぐきから血や膿が出ることがある
□舌が白っぽい
□進行した虫歯がある
□口が渇くことが多い
□タバコを吸っている
□緊張しやすい
□ストレスが多い
□睡眠不足である
該当するものが多いほど「口が臭い」可能性が高い。
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.