日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > この夏、男と女の「体臭」「口臭」を徹底ケア!  > 口臭を抑えるには“規則正しい3度の食事”から  > 3ページ目
印刷

この夏、男と女の「体臭」「口臭」を徹底ケア!

口臭を抑えるには“規則正しい3度の食事”から

歯磨きに加え、舌苔の除去も効果的

 伊藤和弘=ライター

舌の掃除が効果的

 では口臭を予防、改善するためにはどうしたらいいのだろう? 大切な予防法を以下にまとめた。

(1)1日3食取る

 「1日3回、規則正しく食事を取ることが重要。食事の回数を減らすと口臭も強くなる」と川口教授は注意する。特に、加齢とともに唾液の分泌量も減っていくことから、食事では意識的に咀嚼(そしゃく)の回数を増やして分泌を促すといい。

(2)歯磨き

 当然ながら、基本は歯磨き。細菌のエサになる食べカスを取り、細菌の固まりである歯垢を落とす効果がある。できれば朝と夜、1日2回は磨いてほしい。また、歯周病は口臭を強くする。「歯周病予防には歯の間を磨くことも大切」と川口教授。歯ブラシで歯ぐきの境目をていねいにブラッシングすることに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスも併用するといい。

(3)舌苔(ぜったい)を取る

 歯を磨かない人は滅多にいないが、きちんと舌の掃除までしている人は少ないかもしれない。舌苔とは、舌の表面についた白または淡黄色の汚れ。死んだ細菌、はがれた粘膜、食べカスなどでできている。つまり、細菌の食料庫のようなものだ。「実際、舌苔を取るようにすると口臭が改善する人は多い」と川口教授は指摘する。

 取るタイミングは最も口の中に細菌が多い起床直後(朝食の前)がよい。鏡の前で舌を出し、白くなっていたら掃除する。歯みがき粉は必要ないし、舌がきれいな日はしなくても構わない。専用の舌ブラシや柔らかい歯ブラシを水に濡らし、舌の奥から手前に軽くこする。舌苔は奥に多いので、思いっきり舌を出すのがコツ。くれぐれも強くこすらないようにしよう。舌の掃除をしてから食事をすると、おいしく感じられるという人も多いようだ。

(4)規則正しい生活

 前に触れたように、1日3回決まった時間に食事を取ることは口臭予防に大きな効果がある。また、きちんと睡眠を取ることも大切だ。徹夜など不規則な生活をすると、睡眠不足によるストレスから交感神経が優位になり、唾液の分泌が減ってしまう。その結果として、口臭も強くなるという。

(5)歯科検診を受ける

 特に異常を感じていなくても、「年に1~2回は歯科検診を受けるべき」と川口教授。口臭を強くする歯周病や虫歯のチェックもしてもらえるし、正しい歯のみがき方も教えてくれる。また、歯科医院で歯のクリーニング「PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)」をしてもらうこともより効果的だ。

 考えてみれば、男性が「汗くさい」のはまだ「仕事を一生懸命やっている」「男らしい」などプラスのイメージもあるが、「口がくさい」のはどうにもフォローが利かない。愛する家族や職場の仲間たちに嫌われないように気をつけよう。

川口陽子(かわぐち ようこ)さん
東京医科歯科大学大学院健康推進歯学分野 教授
川口陽子(かわぐち ようこ)さん 神奈川県生まれ。1979年、東京医科歯科大学歯学部卒業。豪メルボルン大学客員研究員、文部省在外研究員などを経て、2000年から現職。同大歯学部附属病院で口臭治療を行う「息さわやか外来」診療科長も務める。専門は予防歯科。著書に『「息さわやか」の科学』(明治書院)など。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.