日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 認知症の学習療法 「効く」と信じる工夫で意欲が向上

一から学ぶ、認知症

認知症の学習療法 「効く」と信じる工夫で意欲が向上

学習療法を取り入れたデイサービス 現場リポート

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

 認知症の症状の維持と改善を目的とした「学習療法」は、認知機能が低下してきた高齢者とその家族にとって希望の光となっている。東京都調布市のふくろう舎は、認知機能が衰えてきた人も含む高齢の要介護者を対象に、学習療法を取り入れた、「脳にうれしい」デイサービス(通所介護)を行っている。今回はふくろう舎を取材して学習療法の可能性を紹介する。

認知機能の維持と改善を目指すデイサービス

 ふくろう舎は、2013年9月に東京都調布市で開設されたデイサービスだ。デイサービスとは、要介護者が日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスで、要支援1、要介護1から利用することができる(年齢等の条件により受けられるサービスは異なる)。健康な人を対象とした教室とは異なり、軽度認知障害(MCI)を含め、認知機能が衰えた人も多く通っている。

ふくろう舎では高齢の要介護者を対象に学習療法を取り入れたデイサービスを行っている
ふくろう舎では高齢の要介護者を対象に学習療法を取り入れたデイサービスを行っている

 代表の山口雅之さんは、認知症と向き合い、立ち向かおうとしている人々の手助けをする目的で、公文教育研究会学習療法センターが提供する学習療法を取り入れたデイサービスを開設した。「学習療法を取り入れることで脳の活性化をはかり、明るく、楽しく、その人らしさを取り戻してもらえる施設をつくりたいと思いました」と話す。

 以前はカメラマンだった山口さん。介護施設などを撮影する仕事で認知症の高齢者と接する機会があり、認知症の進行を抑えるような、より効果的なアプローチができないかと考えていた。そんなときに認知症の予防、認知機能の維持・改善を目的とした「学習療法」を知る。「これだ!」と思い、介護の世界へ飛び込んだという。

 開設から今年で4年目。月曜日から土曜日の営業日は常に定員いっぱいまで利用者を受け入れており、8~10人が空きを待っている状態だ。

 そんな、ふくろう舎のデイサービスの1日の流れは次の通りである。

9:00受け入れ開始
健康チェック
9:30朝の会(リアリティー・オリエンテーション)
入浴開始
10:00学習療法
11:30全員体操
(パラレルアクション・嚥下[えんげ]体操)
12:00昼食
13:10工作活動などの作業療法や音楽療法、回想法、
フォトセラピー
15:00おやつ
15:30お帰りまで機能訓練など
16:10送迎

 利用者は朝、ふくろう舎に到着すると、まず健康チェックをして朝の会(リアリティー・オリエンテーション)に参加する。朝の会ではスタッフがボードを使ってその日の年月日の確認をしたり、ニュースや最近話題になっている事柄などについて話をする。認知症になると忘れやすい短期記憶に働きかけるのだ。脳のウオーミングアップといったところである。

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.