日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 80歳でも新しいことを 認知症の予防教室、現場を拝見  > 2ページ目
印刷

一から学ぶ、認知症

80歳でも新しいことを 認知症の予防教室、現場を拝見

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

ほとんどの人が100点満点をとれる!

 体操が終わったら学習開始。「読み書き」「計算」のテストをした後に、「すうじ盤」と呼ばれる作業を行う。前回の記事で紹介したように「脳の健康教室」が取り入れているのは認知症の予防を目的とした学習療法で、新しい知識を増やすなどの勉強が目的ではなく、脳のトレーニングが目的だ。よって、テストはその人に合ったレベルの教材が用いられ、ほとんどの人が100点をとれるようになっている。

 「読み書き」は簡単な単語やことわざ、童謡といったものから、紀行文や文学作品まで、その人に合った教材を使用。参加者は、テキストの文字や文章を声に出して読み、レベルによっては言葉の書き写しなどをする。「計算」もレベルに合わせて、たし算、ひき算から、九九やかけ算まで、その人に合わせたテキストが使われる。「すうじ盤」は、数字が順番に書かれたシートの上に、同じ数字が書かれた磁石入りのチップを選んで置いていくという簡単なゲームである。

 参加者の一人は、「この年になって毎回100点満点がとれるのが楽しい」と話す。

 最後に残った時間で、支援者と参加者で日々あったことなどを話すコミュニケーションタイムを過ごして終了となる。

学習終了後のコミュニケーションタイム
学習終了後のコミュニケーションタイム
[画像のクリックで拡大表示]

最初は笑顔が少ない人も次第に笑顔に

 参加者のAさん(女性)は、「この教室の日は、受講が終わったら、ここで知り合った友達と映画に行ったり、食事に行ったりして過ごすんですよ」とうれしそうに話す。Aさんは今年90歳。白井脳いきいき教室に通うようになって10年になるという。

 笑顔が印象的なAさんだが、ここへ来たきっかけはご主人との死別。「主人が亡くなってから私が寂しい顔をしていたのか、嫁が区役所でいきいき教室の募集を見つけ、行ってみたらと勧めてくれたのよ。行って嫌だったらやめればいいんだからと言われて来てみたら、楽しくて、楽しくて。やめるどころか10年があっという間に過ぎてしまいました」と笑いながら話す。

 一緒にいた友達のBさん(女性)は86歳。彼女も通い始めて8年。白井市に引っ越して1年たった頃、家にこもっていないで何かしなければと思っていた時に、募集を知り、通うようになったという。二人とも、まだまだ認知症とは無縁。とにかく明るくて元気だった。

教室に通って10年。「楽しくて、楽しくて。やめるどころか10年があっという間に過ぎてしまいました」と話す参加者のAさん(左)と、8年前から通うBさん(右)
教室に通って10年。「楽しくて、楽しくて。やめるどころか10年があっという間に過ぎてしまいました」と話す参加者のAさん(左)と、8年前から通うBさん(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 二人が特殊なのかと思ったが、支援者をしているボランティアスタッフに話を聞くと、長く通っている80歳代、90歳代は他にもたくさんいるのだという。また、スタッフは口をそろえて「最初は笑顔が少ない人も、1カ月もすると、にこにこ笑うようになって、身なりもどんどんおしゃれになって、私たちも刺激を受けます」と話す。

 「10年もたつと私たちも年を取ってそろそろボランティアをやめようかなと思うのですが、ここへ来るのを楽しみにしてくれている人がいると思うとやりがいを感じて、なかなかやめられないんですよね」とも話していた。

日経Gooday春割2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定
日経Gooday春割2022

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.