(2)1つ数えると、右は親指と人さし指を折った状態、左は親指を折った状態になる。折られた指の数は、左右の手で必ず1つ異なる。すべての指を折ったら、今度は指を立てる形でカウントを続ける。このまま10まで数え続ける。

記事に戻る