(1)右の親指は折った状態で、左の親指はパーの状態から数え始める。

記事に戻る