日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 「明日は我が身」認知症も介護も人ごとではない  > 2ページ目
印刷

一から学ぶ、認知症

「明日は我が身」認知症も介護も人ごとではない

『母さん、ごめん。』著者、松浦晋也さんインタビュー(後編)

 伊藤和弘=フリーランスライター

思い出すのもつらい「母に手を上げた日」

松浦さん 家族はお互いに甘えがあるわけです。イヤなことはイヤって言えちゃう。それが「介護は家庭内だけでは完結しない」と思う理由の一つです。第三者のヘルパーさんが入ることで、母はデイサービスにも行くようになった。人目を気にするというか、第三者が入ることで社会性を発揮するんじゃないかと思います。その場でどうふるまうべきか察知して、必要な行動を自ら行うようになるんですね。

排泄がコントロールできなくなると、いよいよ自宅での介護も限界という気がします。どこか施設に入れようとせず、ギリギリまで自宅で介護を続けたのはなぜでしょうか?

松浦さん 本人が家を出ることをいやがったからです。何回か話してみたことはあるけど、話を切り出すと強く抵抗するんです。「ああ、そんなにもこの家で暮らしたいのか。愛着があるのか。ならば、できる限りはやるしかない」と。今になってみると、もっと早くに(施設に入るのを)決断すればよかったと思いますけどね。

 というのも、いざ施設に預けようと思って申し込んでも空きがない。知らなかったのですが、半年から1年間待機させられることはいくらでもあるとのことでした。それで私も2017年の1月に預けることを決めた時点では、1年くらい待機する覚悟をしました。それが、まさか2週間で入れるとは思ってなかったし、本当に運がよかったと思う。

 ただ、もっと早くに準備を始めて、早く入れることになっても本人が「イヤだ、イヤだ」って大騒ぎになったでしょうから、どの段階で準備を始めるかは難しい問題ですね…。

介護を始めて2年が過ぎた2016年の夏、松浦さんは「死ねばいいのに」という独り言をつぶやくようになります。本心ではなかったと思いますが、今になって振り返るとどのような心理だったのでしょう?

松浦さん もちろん積極的に死を望んだわけじゃないけど、本心じゃないとはいい切れない。ストレスがたまって見境がなくなっているのが自分でも分かりました。母が死ねば、今の状況から逃れられるわけですから…。当時の正確な心理としては「死ねばいい」ではなくて、「いなくなればいいのに」ですね。

そして10月、とうとうお母さんに手を上げてしまいます。

松浦さん うん、それはちょっと、思い出すのもつらい話なので…。

 「優しさ」というのは精神的余裕なんですよ。余裕さえあれば、誰だって優しくなれる。介護する側のもともとの性格が良いとか悪いとかはあまり関係ない。1週間くらい前から「今度何かあったら殴ってやろう」という心の動きはあったんです。やっちゃった直後に、たまたま(ドイツ在住の)妹とスカイプの通話を予定したものだから、すぐに妹に話して、彼女経由でケアマネジャーに伝わったのがよかった。

 やっちゃった後は自分で抱え込まず、人に話すことが大事だと思います。相談する人が誰もいなかったら、そのまま暴力がエスカレートしていったかもしれない。そう思うとゾッとします。介護殺人も決して人ごとじゃない。自分は絶対にやらない、などとは思わないほうがいいです。誰でも追い詰められればありうることなんです。それを防ぐには第三者が介在するしかない。介護では、いかに第三者が重要かということだと痛感しています。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.