日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 治る認知症もある! 幻覚、妄想、暴言などを改善するヒントも
印刷

一から学ぶ、認知症

治る認知症もある! 幻覚、妄想、暴言などを改善するヒントも

特発性正常圧水頭症(iNPH)の特徴と治療法

 福島恵美=ライター

高齢人口の増加とともに、認知症になる人は増えている。認知症は治らない、症状を改善することもできないと思っている人は、多いのではないだろうか。ところが、中には治療で改善できる認知症や治療可能な症状もあるという。第114回日本精神神経学会学術総会の市民公開講座から、高知大学医学部神経精神科学教室教授の數井裕光さんが取り組む、認知症の研究・治療法の話を紹介しよう。

認知症は一度なると治ることなく、進行するものと思いがちだが、治療で改善できる認知症もあるという。写真はイメージ=(c)obencem-123RF

認知症とは自立して生活できない「状態」

 物忘れや言葉の理解障害など認知機能に低下が見られると、私たちはつい認知症を疑ってしまう。この認知症という言葉を日常的に使っているが、実は特定の病気を指しているわけではない。

 「認知症とは、20歳ごろまでに獲得した様々な認知機能が、脳の中の神経細胞の破壊のために、日常生活を自立して送れないくらいにまで低下した『状態』のこと。アルツハイマー病と診断されても、自立した生活ができていれば認知症とは呼びません」と數井さんは語る。

 その認知症に含まれる主な「状態」は、3つあると指摘する。

 「物忘れや道に迷うなどの『認知機能障害』、怒りっぽくなったり、妄想したりする『行動・心理症状』(BPSD=Behavioral and psychological symptoms of dementia)、まひや歩行障害などの『神経症状』です。この認知症の原因となる一番多い病気が、アルツハイマー病。次いで血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症の順です(65歳以上の場合)。この他に特発性正常圧水頭症(iNPH)があり、これは治療可能な認知症といえます」(數井さん)

 認知症は一度なると治ることなく、進行するものと思いがち。治療で改善できる認知症があるとは驚きだ。では、iNPHとはどのような病気なのだろうか。

iNPHの認知症は治る可能性あり

 特発性正常圧水頭症(iNPH)は、脳の中にある脳脊髄液の「吸収」が、何らかの原因で障害されることで起こる。脳脊髄液は脳の中央にある脳室でつくられ、脳の周りや脊髄の表面を通り、静脈などに吸収される。この流れが滞ると脳脊髄液がたまり、脳が圧迫されることで認知機能障害や歩行障害、頻尿・尿失禁などの症状が表れる。

 「認知機能の低下とともに、歩くことが不安定になったり、方向転換が困難になったりします。しかし、治療することで、普通に歩けるようになる人もいる。私の患者さんの中には、1人で国内旅行に行けるぐらい改善した人もいます。『特発性正常圧水頭症診療ガイドライン』では、わが国の地域在住高齢者を対象とした研究では1.1%の人にiNPHの疑いがあったとされています。つまり、地域に住む高齢者100人に集まってもらうと、1人はこの病気の可能性があるという高頻度です」(數井さん)

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.