日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 暴言や徘徊がなくなる!?認知症患者を救う奇跡の対話法「バリデーション」  > 2ページ目

一から学ぶ、認知症

暴言や徘徊がなくなる!?認知症患者を救う奇跡の対話法「バリデーション」

最後まで失われない機能「感情」に働きかけるコミュニケーション

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

間違いを正す手法の限界

 バリデーションは、アメリカ人のソーシャルワーカーであるナオミ・ファイルさんによって1960年代に開発された。そもそもナオミさんが認知症の介護に携わるようになったのは、彼女の両親がナーシングホーム(日本の特養老人ホームに当たる施設)を経営していた影響が大きい。小さい頃から、認知症の高齢者と家族のようにして育ってきた彼女は、両親の意志を継ぐべく、コロンビア大学でソーシャルワークを学び、大学の修士課程修了後、実家のナーシングホームで、ソーシャルワーカーとして認知症の高齢者と接するようになる。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.