日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 侮れない! 認知症高齢者に多い「お口トラブル」  > 2ページ目
印刷

一から学ぶ、認知症

侮れない! 認知症高齢者に多い「お口トラブル」

急に食べなくなったら、口の中に問題がある可能性も

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

 シリカゲルが口の中でそしゃくされて散らばりそのまま残ってしまうと、口の中の粘膜がただれる。「本人は相当痛かっただろうと思いますが、何が原因でそうなったのか本人にも分からないし、うまく伝えられないので、口を開けられなかったのだろうと思います」と枝広さん。

 こうした口の中の炎症は、薬でも起こるという。「特に便秘の薬など、唾液に溶けるとアルカリ性になる薬は、口の中に残ってしまうと潰瘍が起こりやすいので注意が必要です」と枝広さんは話す。「ただ、問題なのは単に潰瘍が起こることだけではない」と枝広さんは続ける。

 「口の中に炎症や潰瘍ができたことに気づかず、食事が取れないまま1週間も経過すると、栄養状態が悪くなって明らかに認知機能が低下してしまうのです。ただ、これは認知症が進んだわけではなく、見かけ上の低下ですが、反応も悪く、呼びかけても応答できなくなり、トイレなども含め今までできていた日常生活行為に失敗するようになってしまいます」と枝広さん。

 大切なのは、口の中に炎症や潰瘍が起きやすいということを把握すること。そして、普通の食事が食べられないなら、栄養補助ゼリーを試してみるなどの対応をすることだ。もちろん口の中のトラブルが疑われたら、歯科医師を頼ってほしい。

意外と気づかないあご関節の脱臼

高齢者はあごが外れやすく、認知症の人はたとえ外れてもそれを伝えられないことが少なくない(c)nebari-123rf
高齢者はあごが外れやすく、認知症の人はたとえ外れてもそれを伝えられないことが少なくない(c)nebari-123rf

 口の中のトラブルというより、口周りのトラブルだが、「高齢者はあごの関節も脱臼しやすくなるといえます」と枝広さん。膝や股関節などと同様に、あごの関節は、加齢とともにだんだんすり減る。そのため、あくびなど、大きな口を開けただけで外れてしまうという。

 また、繰り返しになるが、認知症の人は口の中にトラブルがあってもそれを伝えることが難しい。周囲も、「ああ、なんとなく口を開いているなあ」というくらいで、あごが外れていることに気づかないケースも少なくないのだという。

 あご関節の脱臼は、起きてすぐであれば元に戻せるが、気づかず放置すると、再び戻すことができなくなるという。「昨日外れたくらいなら大丈夫ですが、3カ月も放置すればもう入らなくなります。あごが外れたままの状態だと、開閉できずしゃべれないし、飲み込みの機能も低下するので、口から食べられなくなってしまいます」と枝広さんは話す。

 そうなると、もう手術するしか方法はないが、高齢者の場合、手術をするとそのまま寝たきりになってしまう可能性が高いため、家族も望まないケースが多いという。

 大切なのは、高齢者の場合、あご関節の脱臼が起こりやすいということを知っておくことである。そして、どうも口を開けたまま、ぼーっとしていると思ったら、まずスムーズにあごの開閉ができるかを確認し、難しいようならすぐに口腔外科など処置ができる医師のところを受診することである。

 次回は認知症の種類によって起こる食事のトラブルとその対処法について、引き続き、枝広さんの話を基に解説する。

枝広あや子(えだひろ あやこ)さん
東京都健康長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム研究員、歯学博士、歯科医師
枝広あや子(えだひろ あやこ)さん 2003年北海道大学歯学部卒業。東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座、あぜりあ歯科診療所(豊島区口腔保健センター)勤務などを経て2015年より現職。研究テーマは「認知症高齢者の口腔環境および食事支援」。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.