日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 話しながら歩くのが苦手な高齢者は「認知症予備軍」の可能性も  > 3ページ
印刷

一から学ぶ、認知症

話しながら歩くのが苦手な高齢者は「認知症予備軍」の可能性も

歩行機能と認知機能の関係

 金沢明=ライター

 一方で、普通に歩いたときの速度と認知症発症率の間には関連が見られなかった。これらのことから、「二重課題」で歩くテストは、軽度認知障害から認知症へ移行する危険が高い、いわば認知症予備群を探す方法として有望だといえるという。

「ながら歩き」が遅い人の脳内で起きていること

[画像のクリックで拡大表示]

 では、なぜ「二重課題」時の歩行速度が認知症発症に関連するのだろうか? 桜井さんらの国際共同研究グループは、脳の中でどういう変化が起きているかについて磁気共鳴画像装置(MRI)を使って調べた(*5)。研究参加者の脳の各部分の大きさを測ったのである。着目したのは4つの部位で、二重課題を行う際に中心的な役割を果たしていると考えられている「前頭前野」、そして認知症の影響を強く受け早期に萎縮する「海馬」「海馬傍回」「嗅内野(きゅうないや)」だ(図1)。

 その結果、「嗅内野」が萎縮して小さくなった人ほど、「二重課題」時の歩行速度が遅いことが分かった(図2)。

 認知症では「嗅内野」の萎縮が早期から起こり、記憶の働きが衰えるといわれている。この、早期の認知症で衰えてくる脳の部位と、「二重課題」時の歩行速度が関連するということはつまり、「二重課題」時の歩行速度が遅いかどうかで、認知症発症リスクがある程度予測できるかもしれない、ということだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 桜井さんは「歩行機能と認知機能は、深く関連している。歩行機能の低下は、認知症発症のリスクファクターだ。ただ、単に歩くだけではそのリスクが分からないケースも多く、『二重課題』のテストを行えば、普通の歩行では認知機能の低下が分からない『隠れた認知症予備群』の人を見つけられる可能性がある」と話す。

 気になるのは、どんな歩き方をすれば認知症発症の予防になるのかだ。これについて桜井さんは次のように話す。

 「どんな歩き方が認知症予防につながるかについては、まだ分かっていません。ただ、毎日の生活の中に、何か頭を使うことをしながら別のことをする『二重課題』を取り入れるのは、やってみる価値があるかもしれません。例えば、友人とおしゃべりをしながら歩いたり、2本のポールを使いながら歩くノルディックウオーキングを行ってみたり……。あるいは、一方で食材をゆでたりしながら他方で食材を切ったり洗ったりする『料理』を習慣化するなど、二重課題を生活の中に取り入れて継続的に行えば、その能力が維持され、認知症の発症を抑制することにつながる可能性もあります」。関連する研究が待たれるところだ。

*5 Sakurai, et al.J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2018

(図版制作:増田真一)

桜井良太(さくらい りょうた)さん
東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究員、学術博士、理学療法士
桜井良太(さくらい りょうた)さん 首都大学東京人間健康科学研究科修了後、早稲田大学スポーツ科学学術院(日本学術振興会特別研究員)、ウエスタンオンタリオ大学(カナダ)客員研究員を経て現職。高齢者の安全な運動行動を阻害する認知的要因の解明を主な研究興味とし、現在では歩行機能低下と認知症発症の関連性について研究を進めている。2015年米国老年医学会優秀若手研究者賞などを受賞。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.