日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 話しながら歩くのが苦手な高齢者は「認知症予備軍」の可能性も  > 2ページ
印刷

一から学ぶ、認知症

話しながら歩くのが苦手な高齢者は「認知症予備軍」の可能性も

歩行機能と認知機能の関係

 金沢明=ライター

 「高齢者は、ただ年齢に応じてゆっくりと歩いているだけなのに、その速度だけで認知機能の低下と関連づけるのは行き過ぎではないか」「歩行速度が遅くても認知機能はしっかりしている人はいるし、逆に、歩行速度は問題なくても認知機能に衰えが見られる『隠れた認知症予備群』の人もいるのではないか」といったことが、最近、研究者の間で言われ始めた。歩行の中でもスピードだけでなく、本人の意思が働かない部分で認知機能との関連を見たほうがよいのではないかということだ。

「何かをしながら歩く」は意外に難しい

 そこで、歩行速度だけでは見つけることができない「隠れた認知症予備群」を見つける指標の候補になるのではないかと注目されるようになった一つが、「二重課題条件下での歩行速度」だ。これは、何か頭を使うような認知的な活動を行いながら歩く時の速度で、昨今問題になっているスマートフォン(スマホ)の「ながら歩き」もその一つ。「スマホのながら歩き」は老若男女問わず推奨できない行為だが、「会話をしながら歩く」「計算をしながら歩く」といったことも「ながら歩き」の一種であり、こうしたことは高齢者にとってはちょっと難しい課題といわれてきた。

 ある研究(*3)では、歩行中に話しかけられた高齢者の中で、「話すために止まってしまった人」と「歩きながら答えた人」を6カ月間追跡し、その期間に転倒した人の割合を調べた。すると、「止まってしまった人」は、その8割ぐらいが6カ月の間に転んだ。一方「歩きながら答えた人」のほとんどは、6カ月の間に転倒しなかった。

 つまり、「何かをしながら歩く」という、注意を両方に適切に割り付けることができる能力は、歩行する場合にはきわめて重要で、安全な歩行のためには必須の能力と考えられるのだ。

 最近、こうした「二重課題」の処理能力が認知機能とも関係しているのではないかといわれている。例えば日常生活では問題を抱えていない72歳の健康な高齢者Aさんのケース。普段はスタスタと歩ける。しかし、計算課題の「50から1を引き続けながら歩く」をやりながら歩いてもらうと、歩くスピードが極端に遅くなる。これはおかしいということで、詳細な検査をすると、軽度認知障害(認知症の一歩手前の状態でもの忘れなどはあるが日常生活には支障がない)の傾向があることが分かった。

 このように普段、普通に歩いている分には何の問題もないのだが、話しかけるなど、何か認知的なストレスをかけると歩く速度が真っ先に落ちてくる人ほど、認知機能が衰えている傾向が見られる。さらに、こうした「二重課題」の成績が悪い人ほど将来認知症になる可能性が高いことが、2017年、カナダのマニュエル・モンテロ-オダッソ教授らの研究チームによる100人余りの軽度認知障害の高齢者を6年間追い続けた研究によって明らかになった(*4)。

 この研究で歩きながらやってもらった課題は、「100から1ずつ引いていく」「100から7ずつ引いていく」「動物の名前を言えるだけ多く言う」の3つ。普通に歩いた場合の速度と、課題をやりながら歩いた場合の速度を測り、後者の場合どれだけスピードが落ちるかを指標にする。6年間の研究の結果分かったことは、「二重課題」の成績が悪い人、つまり、計算や動物の名前挙げをしながら歩くと歩行スピードが落ちやすい人ほど、そうでない人に比べて2.4倍から3.8倍、認知症発症のリスクが高くなるということだった。

*3 Lundin-Olsson, et al.Lancet. 1997;349(9052):617.
*4 Montero-Odasso, et al.JAMA Neurol. 2017 Jul 1;74(7):857-865.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.