日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 知っておきたい、糖尿病と認知症の“危険な関係”  > 3ページ

一から学ぶ、認知症

知っておきたい、糖尿病と認知症の“危険な関係”

糖尿病のある人は「段取り能力」の衰えに注意

 東京医科大学病院副院長・認知症疾患医療センター長 羽生春夫氏

血糖値をコントロールすることが最も重要

 糖尿病の人は、どうすれば認知症になるのを防げるのでしょうか? まずは「血糖値のコントロール」をうまく行うことです。運動療法、食事療法が基本ですが、必要に応じて糖尿病治療薬を使って、血糖値が正常域内になるようにコントロールします。食後に高血糖状態になることや、血糖値が一日の中で大きく上下することは、認知症のリスクになります。一方で、薬物治療を行うと、血糖値を下げすぎることによる「低血糖発作」が起こるリスクもあります。特にインスリン治療でそのリスクが高いといわれています。低血糖発作は脳の神経細胞にダメージを与えるので、こちらも防がなければなりません。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.