日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 一から学ぶ、認知症  > 5年後、認知症になる確率は? チェックリストで確認を  > 3ページ目
印刷

一から学ぶ、認知症

5年後、認知症になる確率は? チェックリストで確認を

できない項目を減らすことが認知症予防につながる

 伊藤左知子=医療ジャーナリスト

チェックリストの効果的な活用法は?

 チェックリストの中には、行動を変えることで避けられるものと、「年齢が75歳以上」のように避けられないものがある。例えば、75歳以上の人はそれだけで3点になるが、それ以外の項目が0点であれば、5年間で認知症になるリスクは3.3%にとどまる。

 「このチェックリストは『9点以上だから5年以内に認知症になりますよ』と恐怖をあおるためのものではありません。13項目のうち、以前はやっていたけれどもやめてしまったものがあれば、もう一度挑戦してみるとか、あるいは今まで料理をしたことがないけれど、料理教室に入って挑戦してみようなど、できそうなことをして将来のリスクを下げましょうというものです。つまり生活を見直す目安として使っていただければと思っています」と竹田さん。

 「スポーツ的活動へ参加していますか」「食事の用意をすることはできますか」「新聞を読んでいますか」といった項目は、自分の意思次第で、「いいえ」を「はい」に変えることが可能だ。

 「このチェックリストは基本的には65歳以上を対象としていますが、脳の変化は40歳代から起こり始めます。認知症が心配な65歳以上の親世代と一緒に、子世代も早い時期から予防にいい行動を取り入れるとよいでしょう」(竹田さん)

 親が「まだ認知症なんて早い」とチェックリストに向き合ってくれない場合でも、親の行動を観察することで、子が親の認知症リスクをチェックすることもできる。もし、スポーツなど行動を変えることでリスクを減らせる因子があれば、「一緒に体操教室に行こう」などと誘うのもいいだろう。

 また竹田さんらは、別の調査において1市4町に在住の65歳以上の高齢者9720人を2003年から2006年の3年間追跡調査し(*2)、「園芸」や「旅行」が認知症予防によい趣味であることも2010年に発表している。「趣味に着目したこの分析では、園芸や旅行は予防効果が大きいという結果になりました。これらの活動は、計画を立てたり、ときには仲間と行ったりする社会性が含まれる点が認知症予防によいのではないかと考えられます」と竹田さんは推測する。

 「まずはチェックリストに基づいて13項目のうち、できることから始めてみてください。そのうえで、園芸や旅行、ウオーキングなどの認知症予防によいといわれている活動をグループで行うことを加えることで、より高い予防効果も期待できると思います」と竹田さん。

 認知症リスクのチェックリストは壁や手帳に貼るなどして、ときどきグループでチェックし仲間で予防に取り組むのがお勧めだという。まずは気軽な気持ちでチェックリストにトライしてみてはいかがだろうか。

*2 日本公衆衛生雑誌 2010;57(12):1054-1065.
竹田徳則(たけだ とくのり)さん
星城大学リハビリテーション学部教授 同大大学院健康支援学研究科研究科長 作業療法士 日本福祉大学大学院社会福祉学研究科後期博士課程修了、博士(社会福祉学)
竹田徳則(たけだ とくのり)さん 名古屋市厚生院、有馬温泉病院、茨城県立医療大学保健医療学部助教授などを経て、2005年星城大学リハビリテーション学部教授に。高齢者の健康支援や介護予防・認知症予防に向けたリハビリテーションと作業療法を専門とする。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.